フィルターを使って条件に一致するデータを表示する

Excel で表形式のデータに対してフィルターを設定すると、ワークシート上で条件を設定し、指定した条件に一致するデータだけを表示できるようになります。ここでは Excel でフィルターを使って条件に一致するデータを表示する方法について解説します。

(2022 年 09 月 23 日公開 / 2022 年 09 月 23 日更新)

フィルターの設定と使い方

フィルターの使い方を確認します。フィルターの対象の表形式のデータの中にあるいずれかをクリックして選択したあとで「データ」タブをクリックしてください。

フィルターの設定と使い方(1)

リボンが表示されたら「並べ替えとフィルター」グループの中の「フィルター」をクリックしてください。

フィルターの設定と使い方(2)

表形式の一番上の行の見出しにある各セルにドロップダウンメニューが表示されました。

フィルターの設定と使い方(3)

例えば「出身地」のところにあるドロップダウンメニューをクリックすると、次のようなメニューが表示されます。対象の列に入力されている値のリストが表示され、デフォルトではすべての値にチェックが入っています。

フィルターの設定と使い方(4)

「出身地」が「東京」のデータだけを表示するには、「東京都」だけチェックを行い、それ以外の値はチェックを外してください。設定が終わりましたら「OK」をクリックしてください。

フィルターの設定と使い方(5)

表形式のデータの中で「出身地」の値が「東京都」のデータだけが表示されました。

フィルターの設定と使い方(6)

「東京都」に加えて「神奈川県」もチェックを付けた場合は「出身地」の値が「東京都」または「神奈川県」のデータだけが表示されます。

フィルターの設定と使い方(7)

フィルターの設定と使い方(8)

このようにフィルターを使用すると、表形式のデータを指定した条件と一致したデータだけを表示させることができます。

※ フィルターでより細かい条件を設定する方法については「フィルターでより詳細な条件を設定する」を参照されてください。

フィルターの条件をクリアする

フィルターで条件が設定されている場合は、ドロップダウンメニューが次のような表示に変わっています。

フィルターの条件をクリアする(1)

条件が設定されているフィルターをクリアするには、ドロップダウンメニューをクリックしたあとで「"XXX"からフィルターをクリア」をクリックしてください。

フィルターの条件をクリアする(2)

その列に設定されていた条件が解除されます。

フィルターの条件をクリアする(3)

フィルターを解除する

フィルターそのものを解除する場合は、対象の表形式のデータのいずれかのセルをクリックしたあと「データ」タブをクリックしてください。

フィルターを解除する(1)

リボンが表示されたら「並べ替えとフィルター」グループの中の「フィルター」をクリックしてください。

フィルターを解除する(2)

フィルターが解除されました。

フィルターを解除する(3)

キーボードショートカットを使ってフィルターを設定する

フィルターの設定はキーボードショートカットを使って行うことができます。フィルターの対象の表形式のデータの中にあるいずれかをクリックして選択したあとでキーボードから Ctrl + Shift + L を押してください。

キーボードショートカットを使ってフィルターを設定する(1)

フィルターが設定されました。

キーボードショートカットを使ってフィルターを設定する(2)

フィルターが設定されている状態でキーボードから Ctrl + Shift + L を押すと、フィルターが解除されます。

キーボードショートカットを使ってフィルターを設定する(3)

-- --

Excel でフィルターを使って条件に一致するデータを表示する方法について解説します。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。