マクロをVBEを使って編集する

Excel 上での一連の操作をマクロとして記録した場合、 VBA(Visual Basic for Application) というプログラミング言語を使ったプログラムとして保存されます。そのため、保存されたプログラムを編集することでマクロとして実行される操作を編集することができます。ここでは Excel で記録したマクロを VBE と呼ばれるツールを使って編集する方法について解説します。

(2022 年 06 月 18 日公開 / 2022 年 06 月 18 日更新)

マクロを編集する

記録されたマクロを編集する方法です。マクロが保存されたブックを開き、「表示」タブをクリックしてください。

マクロを編集する(1)

リボンが表示されたら「マクロ」ブロックの中にある「マクロ」をクリックしてください。

マクロを編集する(2)

表示されたメニューの中から「マクロの表示」をクリックしてください。

マクロを編集する(3)

「マクロ」ウィンドウが表示されます。

マクロを編集する(4)

編集するマクロをクリックして選択したあと、「編集」をクリックしてください。

マクロを編集する(5)

Visual Basic Editor と呼ばれる VBA で記述されたプログラムを編集したり実行することができるツールが起動し、該当のマクロのプログラムが表示されます。

マクロを編集する(6)

記録されたマクロは選択した範囲に対する罫線を設定するものでしたが、 VBA を使ってプログラミングをした場合にはそれらの一連の操作がプログラムとしてどのように記述されるのかを確認することができます。逆に言えばマクロを記録しなくても、同じ結果となるようなプログラミングをすることで同じ操作をさせることができます。

VBA を使って Excel を操作するプログラムを記述する方法については「Excel VBA入門」で詳しく解説しています。

-- --

Excel で記録したマクロを VBE と呼ばれるツールを使って編集する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。