散布図で複数のデータ系列のデータを同じグラフにプロットする

散布図では複数系列のデータを同じ散布図上に表示することができます。またデータ系列毎に近似曲線をそれぞれ表示することもできます。ここでは Excel の散布図で複数系列のデータを同じグラフにプロットする方法について解説します。

(2022 年 01 月 25 日公開 / 2022 年 01 月 25 日更新)

横軸の値が同じデータの場合

散布図の対象となるデータが次のように同じ横軸の値に対するものだった場合は、まとめてデータを選択して散布図を作成することができます。データを選択してください。

横軸の値が同じデータの場合(1)

もし横軸の値が同じであってもデータが二つに分かれている場合は次のように選択してください。

横軸の値が同じデータの場合(2)

「挿入」タブをクリックし、リボンが表示されたら「グラフ」グループの中の「散布図 (X, Y) またはバブルチャートの挿入」アイコンをクリックし、そして「散布図」をクリックしてください。

横軸の値が同じデータの場合(3)

二つのデータ系列のデータがプロットされた散布図が作成されました。

横軸の値が同じデータの場合(4)

散布図上に表示された点は、データ系列毎に色分けされて表示されています。

データ系列毎に近似曲線を表示する

複数のデータ系列のデータをプロットしている場合、データ系列毎に近似曲線を表示することができます。対象のデータ系列に含まれるいずれかの点をクリックしてください。

横軸の値が同じデータの場合(5)

グラフ右上に表示されている「グラフ要素」アイコンをクリックし、表示された要素の中から「近似曲線」にチェックを付けてください。

横軸の値が同じデータの場合(6)

対象のデータ系列に近似曲線が表示されました。

横軸の値が同じデータの場合(7)

別のデータ系列も同じ手順で近似曲線を表示することができます。

横軸の値が同じデータの場合(8)

横軸の値が同じデータの場合(9)

※ 近似曲線の種類として線形近似以外のものを使用したい場合は「散布図に近似曲線を表示する」を参考に近似曲線の種類を変更してください。

横軸の値や数が異なるデータの場合

散布図の対象となるデータが次のように横軸の値が異なったり、横軸の値の数が異なってリしている場合は一度に散布図を作成することはできます。まず一つ目のデータ系列のデータで散布図を作成したあとで、別のデータ系列のデータを追加します。

横軸の値や数が異なるデータの場合(1)

一つ目のデータを選択して散布図を作成してください。

横軸の値や数が異なるデータの場合(2)

横軸の値や数が異なるデータの場合(3)

散布図に新しいデータを追加します。散布図のいずれかの場所で右クリックし、表示されたメニューの中から「データの選択」をクリックしてください。

横軸の値や数が異なるデータの場合(4)

「データソースの選択」ダイアログが表示されます。

横軸の値や数が異なるデータの場合(5)

「凡例項目(系列)」の下にある「追加」をクリックしてください。

横軸の値や数が異なるデータの場合(6)

「系列の編集」ダイアログが表示されます。

横軸の値や数が異なるデータの場合(7)

「系列名」のテキストボックスを一度クリックしてから、追加するデータの系列名のセルをクリックしてください。

横軸の値や数が異なるデータの場合(8)

横軸の値や数が異なるデータの場合(9)

「系列 x の値」のテキストボックスを一度クリックしてから、追加するデータの横軸のデータが入力されているセル範囲を選択してください。

横軸の値や数が異なるデータの場合(10)

横軸の値や数が異なるデータの場合(11)

「系列 y の値」のテキストボックスを一度クリックしてから、追加するデータの縦軸のデータが入力されているセル範囲を選択してください。

横軸の値や数が異なるデータの場合(12)

横軸の値や数が異なるデータの場合(13)

最後に「OK」をクリックしてください。

横軸の値や数が異なるデータの場合(14)

新しいデータ系列のデータが追加されました。最後に「OK」をクリックしてください。

横軸の値や数が異なるデータの場合(15)

散布図に新しいデータ系列のデータが追加されました。このようにあとからデータ系列を追加した場合でも、散布図上に表示された点の色は塗り分けられています。

横軸の値や数が異なるデータの場合(16)

-- --

Excel の散布図で複数系列のデータを同じグラフにプロットする方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。