散布図の点に画像を表示する

散布図で表示される点の形状はあらかじめ用意されたものの中から選択することもできますが、自分で用意した画像を使用することもできます。ここでは Excel の散布図で自分で用意した画像を表示する方法について解説します。

(2022 年 01 月 23 日公開 / 2022 年 01 月 23 日更新)

散布図の点に画像を表示する

散布図に表示されているいずれかの点にマウスを合わせてください。

散布図の点に画像を表示する(1)

点の上で右クリックし、表示されたメニューの中から「データ系列の書式設定」をクリックしてください。

散布図の点に画像を表示する(2)

画面右側に「データ系列の書式設定」を設定する画面が表示されます。「塗りつぶしと線」アイコンをクリックしてください。

散布図の点に画像を表示する(3)

「マーカー」をクリックしてください。

散布図の点に画像を表示する(4)

点の形状を変更するには「マーカーのオプション」の中で「組み込み」を選択してください。

散布図の点に画像を表示する(5)

「種類」の右にあるドロップダウンメニューをクリックし、一番下にある次の種類をクリックしてください。

散布図の点に画像を表示する(6)

「図の挿入」ダイアログが表示されます。今回はローカルに保存してある画像ファイルを使用するので「ファイルから」をクリックしてください。

散布図の点に画像を表示する(7)

ファイル選択ダイアログが表示されますので、マーカーに設定したい画像を選択してください。今回は次のような画像を用意しました。

散布図の点に画像を表示する(8)

選択が完了すると次のように散布図の点の表示に画像が使用されます。

散布図の点に画像を表示する(9)

なお画像は拡大縮小は行われずに画像のサイズのまま表示されます。大きいサイズの画像でもそのまま表示されてしまいますので、事前に画像を表示するサイズに拡大縮小して保存しておき、サイズを調整した画像を選択するようにしてください。

画像の枠線を非表示にする

散布図で点の表示に画像を使用した場合に、画像の枠線が不要であれば非表示にしておきます。先ほどと同じ手順で「データ系列の書式設定」の画面を表示し、「塗りつぶしと線」アイコンをクリックしたあとで、「マーカー」をクリックしてください。

画像の枠線を非表示にする(1)

「枠線」の中で「線なし」を選択してください。

画像の枠線を非表示にする(2)

散布図の点として表示された画像で枠線が表示されなくなりました。

画像の枠線を非表示にする(3)

-- --

Excel の散布図で自分で用意した画像を表示する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。