補助縦棒グラフがある円グラフの作成

広告

ここまでは補助のグラフとして円グラフを使用してきましたが、円グラフの替わりに補助縦棒グラフを使用することができます。使い方は補助円グラフの場合と同じようにある条件を満たすような項目は一つの項目としてまとめてしまって表示し、そしてそのまとめてしまった項目の内訳を補助縦棒グラフを使って表示します。基本的な設定方法は補助円グラフの場合と同じです。

今回は一から補助縦棒グラフつきの円グラフを作成するのではなく、補助円グラフ付きの円グラフのグラフの種類を変更してみます。

p11-1

グラフを一度クリックして選択して頂いてから「グラフ」メニューの中の「グラフの種類」メニューをクリックして下さい。

p11-2

「グラフの種類」ダイアログが表示されます。円グラフの中の下記のところにある「補助縦棒グラフ付き円グラフ」をクリックして下さい。

p11-3

「OK」ボタンを押して下さい。グラフの種類が変更されて次のように表示されます。

p11-3

このように補助縦棒グラフ付きの円グラフが表示されました。補助縦棒グラフのサイズやメインの円グラフとの距離、そして補助縦棒グラフにどの項目を表示するのかを指定する方法などは補助円グラフの場合とまったく同じです。

Excelグラフの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )