グラフの種類を選択する

Excel では数多くの種類のグラフが用意されています。ここでは Excel でグラフを作成する時にグラフの種類を選択する方法について解説します。

(2021 年 12 月 02 日公開 / 2021 年 12 月 02 日更新)

使用するグラフを選択する

グラフを作成する時に「挿入」タブをクリックしてリボンを表示すると、「グラフ」グループには次のようにグラフを選択できるアイコンが表示されます。

使用するグラフを選択する(1)

それぞれのアイコンは次のグラフに対応しています。

使用するグラフを選択する(2)

各グラフの種類毎により細かいグラフの種類がいくつか用意されています。例えば「縦棒/横棒グラフ」のアイコンをクリックすると次のようなグラフの種類が表示されます。

使用するグラフを選択する(3)

「散布図 (X, Y) またはバブルチャート」のアイコンをクリックすると次のようなグラフの種類が表示されます。

使用するグラフを選択する(4)

グラフの種類のいずれかにマウスを合わせると、そのグラフを選択した場合にどのようなグラフが表示されるのかプレビューされます。

使用するグラフを選択する(5)

また種類の一番下に表示されている「その他の散布図」と書かれたリンクをクリックすると、より多くのグラフの種類が表示されます。

使用するグラフを選択する(6)

使用するグラフを選択する(7)

作成するグラフの種類が決まりましたらクリックしてください。

使用するグラフを選択する(8)

選択した種類のグラフがワークシートに表示されます。

使用するグラフを選択する(9)

作成したグラフの種類はあとから変更することができます。グラフの種類を変更する方法については「グラフの種類を変更する」を参照されてください。

利用可能なすべてのグラフから選択する

「グラフの挿入」ダイアログを表示してすべての種類のグラフから選択することもできます。「挿入」タブをクリックしてリボンを表示したら、「グラフ」グループの右下に表示されている次の箇所をクリックしてください。

利用可能なすべてのグラフから選択する(1)

「グラフの挿入」ダイアログが表示されます。

利用可能なすべてのグラフから選択する(2)

最初は「おすすめグラフ」タブが表示されているので「すべてのグラフ」タブをクリックしてください。

利用可能なすべてのグラフから選択する(3)

利用可能なすべてのグラフの種類を選択することができるようになります。

利用可能なすべてのグラフから選択する(4)

画面左側のグラフの分類をクリックすると、その分類に含まれるグラフの種類の一覧が表示されます。例えば「面」をクリックすると、右側の画面上部に「面」グラフに用意されているグラフの一覧が表示されます。

利用可能なすべてのグラフから選択する(5)

それでは実際にグラフを選択してみます。「面」グラフの中の「3-D面」をクリックします。するとその下に系列の選択が異なるいくつかの種類が表示されますので、今回は左側をクリックしました。

利用可能なすべてのグラフから選択する(6)

最後に「OK」をクリックしてください。

利用可能なすべてのグラフから選択する(7)

選択した種類のグラフがワークシートに表示されます。

利用可能なすべてのグラフから選択する(8)

-- --

Excel でグラフを作成する時にグラフの種類を選択する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。