グラフシートにグラフを表示する

Excel ではデータなどを入力するためのワークシートとは別にグラフだけを表示するためのグラフシートが用意されています。グラフシート全体にグラフが表示されるため、グラフを印刷する場合などに便利です。ここでは Excel でグラフシートにグラフを表示する方法について解説します。

(2021 年 12 月 02 日公開 / 2021 年 12 月 02 日更新)

グラフシートへグラフを移動する

グラフシートにグラフを表示するには、通常の手順でグラフをいったんワークシートで作成したあとで、作成したグラフをグラフシートへ移動します。今回は対象のグラフとして次のようなグラフを作成しました。

グラフシートへグラフを移動する(1)

グラフシートへ移動するグラフを一度クリックしてください。

グラフシートへグラフを移動する(2)

リボンに「グラフのデザイン」タブが表示されます。

グラフシートへグラフを移動する(3)

※ 表示されない場合は「グラフのデザイン」タブをクリックしてください。このタブは作成済みのグラフをクリックしたときだけ表示されます。

グラフシートへグラフを移動する(4)

「グラフの移動」をクリックしてください。

グラフシートへグラフを移動する(5)

「グラフの移動」ダイアログが表示されます。

グラフシートへグラフを移動する(6)

グラフシートへ移動する場合には「新しいシート」を選択したあとで、移動先のグラフシートの名前を入力してください。

グラフシートへグラフを移動する(7)

移動先のグラフシートの指定が終わりましたら「OK」をクリックしてください。

グラフシートへグラフを移動する(8)

グラフシートが新しく作成されて、選択していたグラフが移動しました。

グラフシートへグラフを移動する(9)

グラフシートのグラフをワークシートへ移動する

グラフシートに表示されているグラフをワークシート内へ移動させることもできます。グラフシートのグラフをクリックして選択して下さい。

グラフシートのグラフをワークシートへ移動する(1)

リボンに「グラフのデザイン」タブが表示されます。タブに表示されている「グラフの移動」をクリックしてください。

グラフシートのグラフをワークシートへ移動する(2)

「グラフの移動」ダイアログが表示されます。

グラフシートのグラフをワークシートへ移動する(3)

グラフを通常のワークシートへ移動する場合には「オブジェクト」を選択したあとで、移動先のワークシートをドロップダウンメニューをクリックして選択してください。

グラフシートのグラフをワークシートへ移動する(4)

移動先のワークシートの選択が終わりましたら「OK」をクリックしてください。

グラフシートのグラフをワークシートへ移動する(5)

グラフが移動先のワークシートへ移動しました。

グラフシートのグラフをワークシートへ移動する(6)

ショートカットキーを使ってグラフシートにグラフを作成する

グラフをいったん作成したあとでグラフシートに移動するのではなく、ショートカットキーを使ってグラフを直接グラフシートに作成することもできます。グラフの元になるデータを選択したあとで F11 キーを押してください。

デフォルトのグラフの種類でグラフシートにグラフを作成する(1)

新しいグラフシートが作成されてグラフシート上にグラフが作成されました。

デフォルトのグラフの種類でグラフシートにグラフを作成する(2)

この手順の場合、作成するグラフの種類は標準グラフに設定されているグラフの種類が使用されます。グラフの種類を変更する場合は、いったんグラフを作成したあとでグラフの種類を変更してください。作成済みのグラフの種類を変える方法については「グラフの種類を変更する」を参照されてください。

標準グラフに設定されているグラフの種類を変更する

なお標準グラフとして使用するグラフの種類を変更するには、「グラフの変更」ダイアログを表示してください。(ダイアログの表示方法は上記に記載した「グラフの種類を変更する」ページを参照されてください)。

デフォルトのグラフの種類でグラフシートにグラフを作成する(3)

現在標準グラフに設定されているのは「縦棒」の中の「集合縦棒」グラフです。このグラフ上で右クリックをすると「標準グラフに設定」にチェックマークが表示されています。このチェックマークが表示されているグラフが標準グラフです。

デフォルトのグラフの種類でグラフシートにグラフを作成する(4)

別のグラフを標準グラフに設定する場合は、設定したいグラフで右クリックしてください。そして表示された「標準グラフに設定」をクリックしてください。

デフォルトのグラフの種類でグラフシートにグラフを作成する(5)

チェックマークが表示されて、標準グラフに設定されているグラフの種類が変更されました。

デフォルトのグラフの種類でグラフシートにグラフを作成する(6)

それではあらためてショートカットキーを使ってグラフを直接グラフシートに作成してみます。グラフの元になるデータを選択したあとで F11 キーを押してください。

デフォルトのグラフの種類でグラフシートにグラフを作成する(7)

新しいグラフシートが作成されてグラフシート上にグラフが作成されました。作成されたグラフは先ほど変更した標準グラフに設定されているグラフの種類となっています。

デフォルトのグラフの種類でグラフシートにグラフを作成する(8)

-- --

Excel でグラフシートにグラフを表示する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。