グラフを作成する基本手順

Excel でグラフを作成する場合の基本的な手順について解説します。 Excel に入力したデータを選択し、グラフの種類を選択すると自動手にグラフが作成されてワークシートの中に表示されます。

(2021 年 12 月 01 日公開 / 2021 年 12 月 01 日更新)

グラフ作成の基本手順

Excel ではグラフの元になるデータを入力したあと、簡単な手順でグラフを作成してワークシートに表示することができます。今回は例として次のようなデータを使ってグラフを作成してみます。

グラフ作成の基本手順(1)

グラフを作成する最初の手順は対象となるデータの範囲を選択することです。数値だけではな行や列の項目名も含めて選択します。

グラフ作成の基本手順(2)

次に「挿入」タブをクリックして下さい。

グラフ作成の基本手順(3)

リボンが表示されます。グラフに関する操作は「グラフ」グループで行います。

グラフ作成の基本手順(4)

「グラフ」グループの中に利用可能なグラフのアイコンが表示されています。作成するグラフの種類をクリックしてください。今回はこの中から「おすすめグラフ」をクリックしました。

グラフ作成の基本手順(5)

「グラフの挿入」ウィンドウが表示されました。グラフの種類をここでは選択できるのですが、今回は最初に表示されている「集合縦棒」グラフを使用します。「OK」ボタンをクリックして下さい。

グラフ作成の基本手順(6)

グラフが作成されて現在のワークシートに表示されました。

グラフ作成の基本手順(7)

Excel でグラフを作成する基本点な手順について解説しました、グラフの元になるデータが含まれるセル範囲を選択し、グラフの種類を選択すれば自動的にグラフが作成されてワークシートの中に追加されます。グラフのタイトルやスタイルなどの変更は、グラフをいったん作成した後で行います。

-- --

Excel でグラフを作成する場合の基本的な手順について解説しまshた。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。