軸を反転する

Excel のグラフを作成すると、グラフの種類に合わせて自動的に軸の向きが決まります。例えば数値軸であれば、縦棒グラフや折れ線グラフでは下から上に向かって数値が増えていくように設定されますが、あとから軸に向きを反転させて下から上に数値が増加するようにすることもできます。ここでは Excel のグラフで軸の向きを反転させる方法について解説します。

(2021 年 12 月 11 日公開 / 2021 年 12 月 11 日更新)

軸を反転する

例えば次のようなデータ範囲を元にして縦棒グラフを作成します。すると、数値軸は下から上に向かって数値が増加するように表示されます。この軸の向きはグラフを作成したあとで反転させることができます。

軸を反転する(1)

グラフの軸の向きを反転するには、反転させたい軸をクリックしてください。

軸を反転する(2)

軸の上で右クリックを行い、表示されたメニューの中から「軸の書式設定」をクリックしてください。

軸を反転する(3)

画面右側に「軸の書式設定」を行うエリアが表示されます。

軸を反転する(4)

「軸のオプション」アイコンをクリックして下さい。

軸を反転する(5)

「軸のオプション」の中にある「軸を反転する」をチェックしてください。

軸を反転する(6)

数値軸の向きが反転されて、上から下に向かって数値が増加するように表示されました。

軸を反転する(7)

先ほどは数値軸を反転しましたが、項目軸についても同じように反転することができます。

軸を反転する(8)

項目軸の向きを反転すると、グラフの左側に表示されていた数値軸が右側に表示されるようになりました。

-- --

Excel のグラフで軸の向きを反転させる方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。