条件に一致するセルの個数を求める(COUNTIF)

広告

条件に合うセルの個数を取得します。

=COUNTIF(条件検索するセル範囲, 条件)

SUMIF関数と似ていますが、今回はセル範囲の中で条件に適合するセルの個数だけを調べます。

例えば次のような記述となります。

=SUM(A1:A5, "=男性")

この例の場合、セルA1からセルA5の中でセルの値が"男性"となっているセルの個数を集計します。

では実際に試して見ます。

1.元となるExcelを用意する

下記のようなExcelシートを用意します。

COUNTIF関数のテスト

売上の中で、ノルマの売上に達成していない日が何日あるか集計してみます。

2.集計結果を表示するセルを選択

セルの個数をカウントした結果を表示するセルを選択します。

COUNTIF関数のテスト

結果を表示するセルは「E6」です。

3.関数の設定

挿入する関数を選択します。メニューの「挿入」から「関数」を選択します。

COUNTIF関数のテスト

「関数の検索」で「countif」を入力し、「関数名」で「COUNTIF」が選択されていることを確認してから「OK」ボタンをクリックします。

COUNTIF関数のテスト

まず最初の「範囲」に条件を検索するセル範囲を入力します。今回は売上の列を見て条件確認しますのでセル範囲は「B2:B6」となります。

COUNTIF関数のテスト

検索条件に条件を記述します。今回はノルマ未達成かどうかを判別しますので「"<1000"」と記述します。

COUNTIF関数のテスト

最後に「OKボタンをクリックして下さい。

4.結果の表示

ノルマ未達成の日数がセルに表示されます。

COUNTIF関数のテスト

達成した日数も集計してみましょう。次のように達成日数を表示するセルを作成し、選択しておきます。

COUNTIF関数のテスト

セルに次のように入力します。

=COUNTIF(B2:B6,">=1000")

COUNTIF関数のテスト

今度はノルマを達成した日数が表示されます。

Excel関数入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )