小文字を大文字に変換(UPPER)

広告

セルに入力されている文字に対して全て大文字に変換します。対象となるのはアルファベットだけで半角の文字は半角の大文字へ、全角の文字は全角の大文字へ変換します。

=UPPER(対象となる文字列が含まれるセル)

では実際に試して見ます。

1.元となるExcelを用意

下記のようなExcelシートを用意します。

UPPER関数のテスト

変換の対象となるセルは「B2」です。

2.変換後の結果を表示するセルを選択

全て大文字に変換した結果を表示するセルを選択します。

UPPER関数のテスト

変換後の結果を表示するセルは「C2」です。

3.関数の設定

挿入する関数を選択します。メニューの「挿入」から「関数」を選択します。

UPPER関数のテスト

「関数の検索」で「upper」を検索し、「関数名」の中から「UPPER」を選択して「OK」ボタンをクリックします。

UPPER関数のテスト

「文字列」の箇所に大文字に変換したい文字が含まれるセルの位置を入力します。今回の場合は「B2」となります。入力したら「OK」ボタンをクリックします。

UPPER関数のテスト

4.結果の表示

下記のように対象のセルに含まれる文字が全て大文字になって表示されます。

UPPER関数のテスト

直接セルに対して「=UPPER(B2)」と入力しても同じ結果となります。

Excel関数入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )