ATANH関数:ハイパボリックアークタンジェント(双曲線逆正接)を取得する

ATANH 関数は Excel で用意されている関数の一つで、指定した数値のハイパボリックアークタンジェント(双曲線逆正接)を取得します。ここでは Excel における ATANH 関数の使い方について解説します。

※ Excel の対応バージョン : 365 web 2021 2019 2016 2013 2010 2007

(Last modified: )

ATANH関数の使い方

ATANH 関数は指定した数値のハイパボリックアークタンジェント(双曲線逆正接)を取得します。

ATANH(数値)

引数に数値を実数で指定します。戻り値としてハイパボリックアークタンジェント(双曲線逆正接)を返します。数値は -1 < x < 1 の範囲で指定する必要があり、この範囲外の数値を指定すると #NUM! エラーとなります。

ハイパボリックアークタンジェント(双曲線逆正接)は次のように定義されます。( e は自然対数の底です)。

ATANH関数のサンプル(1)

例えば引数として 0.5 を指定した場合、戻り値として 0.549306144 を取得します。

=ATANH(0.5)
--> 0.549306144

ATANH関数のサンプル

それでは実際に ATANH 関数を使ってみます。 Excel のシートに対象の数値を次のように入力しました。

ATANH関数のサンプル(1)

ハイパボリックアークタンジェントを表示する C3 セルに次のように ATANH 関数を入力します。 1 番目の引数に対象の数値が入力された B3 セルを指定します。

=ATANH(B3)

ATANH関数のサンプル(2)

Enter キーを押すと、 C3 セルには次のように表示されます。

ATANH関数のサンプル(3)

C4 セルから C15 セルについても同じように ATANH 関数を入力しました。

ATANH関数のサンプル(4)

ATANH関数を使ってハイパボリックアークタンジェントのグラフを作成する

ATANH 関数を使ってハイパボリックアークサインのグラフ y = atanhx を作成してみます。まず x の値として 0.95 から -0.95 までの値を入力しました。

ATANH関数を使ってハイパボリックアークタンジェントのグラフを作成する(1)

指定した数値に対する ATANH を取得するため =ATANH(B3) と入力します。

ATANH関数を使ってハイパボリックアークタンジェントのグラフを作成する(2)

ATANH関数を使ってハイパボリックアークタンジェントのグラフを作成する(3)

同じ計算式を他のセルにも入力していきます。

ATANH関数を使ってハイパボリックアークタンジェントのグラフを作成する(4)

それではグラフを作成します。作成したデータをすべて選択し、そのあとで「挿入」タブをクリックしてください。

ATANH関数を使ってハイパボリックアークタンジェントのグラフを作成する(5)

リボンが表示されたら「グラフ」グループの中の「散布図(X,Y) またはバブルチャートの挿入」をクリックしてください。

ATANH関数を使ってハイパボリックアークタンジェントのグラフを作成する(6)

表示されたグラフの一覧の中から「散布図(平滑線)」をクリックしてください。

ATANH関数を使ってハイパボリックアークタンジェントのグラフを作成する(7)

ASINH 関数を使って y = asinhx のグラフが作成できました。

ATANH関数を使ってハイパボリックアークタンジェントのグラフを作成する(10)

Excel で散布図のグラフを作成する方法について詳しくは「散布図の使い方」を参照されてください。

-- --

Excel における ATANH 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告