PI関数:円周率を取得する

広告

PI 関数は Excel で用意されている関数の一つで、円周率を表す数値を取得します。円周率は通常 π と表記される値で、実際の値は 3.41592・・・ です。数値を直接各代わりに PI 関数を呼び出して使用します。ここでは Excel における PI 関数の使い方について解説します。

(2021 年 09 月 16 日公開 / 2021 年 09 月 16 日更新)

PI関数の使い方

PI 関数は円周率の値を取得します。

PI()

PI 関数では引数はありません。

円周率は円周を計算したり三角関数などで利用される値で、通常 π と表記します。 π 値は 3.141592・・・ と固定の値なので数値を直接記述して演算などを行ってもいいのですが、代わりに PI 関数を記述することで円周率の値を使用することができます。

=PI()
--> 3.141592654

PI関数のサンプル

それでは実際に PI 関数を使ってみます。 Excel のシートに対象の数値を次のように入力しました。

PI関数のサンプル(1)

結果を表示する C2 セルに次のように PI 関数を入力します。

=PI()

PI関数のサンプル(2)

Enter キーを押すと、 C2 セルには次のように表示されます。

PI関数のサンプル(3)

続いて半径から円周の長さと円の面積を取得してみます。円周の長さと円の面積は次のような式で取得することができます。

PI関数のサンプル(4)

Excel のシートに対象の数値を次のように入力しました。

PI関数のサンプル(5)

結果を表示する C3 セルに円周の長さを取得するため次のように PI 関数使った式を入力します。

=2*B3*PI()

PI関数のサンプル(6)

Enter キーを押すと、 C2 セルには次のように円周の長さが表示されます。

PI関数のサンプル(7)

今度は D3 セルに円の面積を取得するため次のように PI 関数使った式を入力します。

=PI()*B3*B3

PI関数のサンプル(8)

Enter キーを押すと、 D3 セルには次のように円の面積が表示されます。

PI関数のサンプル(9)

このように円周率を表す 3.141592・・・ という数値を直接記述する代わりに PI 関数を記述することができます。

関数の挿入を使ってPI関数を入力する

PI 関数を入力する場合に関数の挿入を使って行う方法を試してみます。関数を挿入するセルをクリックして選択したあとで、関数の挿入をクリックします。

関数の挿入を使ってPI関数を入力する(1)

「関数の挿入」ダイアログが表示されたら関数名のところで「PI」をクリックしてください。そのあとで「OK」をクリックしてください。

関数の挿入を使ってPI関数を入力する(2)

「関数の引数」ダイアログが表示されたら、この関数では引数がありませんので「OK」をクリックしてください。

関数の挿入を使ってPI関数を入力する(3)

最初に選択したセルに PI 関数が入力され、引数に指定した数値の自然対数を取得した結果がセルに表示されます。

関数の挿入を使ってPI関数を入力する(4)

-- --

Excel における PI 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。