LN関数:自然対数を取得する

LN 関数は Excel で用意されている関数の一つで、自然対数を取得します。自然対数とは底が e の対数のことで、 e はネイピア数と呼ばれる無理数で 2.71828182845・・・ という値を持っています。ここでは Excel における LOG 関数の使い方について解説します。

※ 任意の底で対数を取得するには LOG 関数を使用します。詳しくは「LOG関数:対数を取得する」を参照されてください。

※ Excel の対応バージョン : 365 web 2021 2019 2016 2013 2010 2007

※ 公式サイトでの解説 : LN 関数

(2021 年 09 月 16 日公開 / 2022 年 02 月 21 日更新)

LN関数の使い方

LN 関数は自然対数を取得します。

LN(数値)

1 番目の引数に対象の数値または数値が含まれるセルを指定します。 LN 関数は LOG 関数と異なり底が e で固定されています。対象の数値を n とした場合、自然対数は次のように表すことができます。

LN関数のサンプル(1)

例えば数値が 20 の自然対数を取得するというのは、 e を何乗したら 20 になるのかを取得することです。これは loge20 と表すことができます。

=LN(20)
--> 2.995732274

=LN(2.7)
--> 0.993251773

なお底が e 以外の対数を取得するには LOG 関数を使用します。 LOG 関数では 1 番目の引数に対象の数値、 2 番目の引数に底の数値を指定します。 LN 関数と同じように LOG 関数を使って自然対数を取得するには 2 番目の引数に e ( =2.71828182845904 ) を指定してください。

=LOG(20,2.71828182845904)
--> 2.995732274

=LOG(2.7,2.71828182845904)
--> 0.993251773

LN 関数を使ったときと同じ結果を取得することができました。

LN関数のサンプル

それでは実際に LN 関数を使ってみます。 Excel のシートに対象の数値を次のように入力しました。

LN関数のサンプル(1)

結果を表示する C3 セルに次のように LN 関数を入力します。引数に対数を取得する対象の数値が入力されたセルを指定します。

=LN(B3)

LN関数のサンプル(2)

Enter キーを押すと C3 セルには次のように表示されます。

LN関数のサンプル(3)

C4 セルから C8 セルについても同じように LN 関数を入力しました。

LN関数のサンプル(4)

関数の挿入を使ってLN関数を入力する

LN 関数を入力する場合に関数の挿入を使って行う方法を試してみます。関数を挿入するセルをクリックして選択したあとで、関数の挿入をクリックします。

関数の挿入を使ってLN関数を入力する(1)

「関数の挿入」ダイアログが表示されたら関数名のところで「LN」をクリックしてください。そのあとで「OK」をクリックしてください。

関数の挿入を使ってLN関数を入力する(2)

「関数の引数」ダイアログが表示されたら、自然対数を取得する数値を引数に指定します。引数に入力するセルを Excel 上でクリックして下さい。

関数の挿入を使ってLN関数を入力する(3)

関数の挿入を使ってLN関数を入力する(4)

ダイアログの引数のところに先ほど選択したセルが表示されます。

関数の挿入を使ってLN関数を入力する(5)

引数の指定が終わると結果としてセルに表示される値も表示されます。最後に「OK」をクリックしてください。

関数の挿入を使ってLN関数を入力する(6)

最初に選択したセルに LN 関数が入力され、引数に指定した数値の自然対数を取得した結果がセルに表示されます。

関数の挿入を使ってLN関数を入力する(7)

LN関数を使って自然対数グラフを作成する

LN 関数を使って自然対数のグラフ y = logex を作成してみます。次のようなデータを用意しました。

LN関数を使って自然対数グラフを作成する(1)

対数を取得するために C3 セルに =LN(B3) と入力しました。

LN関数を使って自然対数グラフを作成する(2)

LN関数を使って自然対数グラフを作成する(3)

C4 セルから C8 セルまで先ほどと同じ数式を入力しました。

LN関数を使って自然対数グラフを作成する(4)

それではグラフを作成します。作成したデータをすべて選択してください。そのあとで「挿入」タブをクリックしてください。

LN関数を使って自然対数グラフを作成する(5)

リボンが表示されたら「グラフ」グループの中の「散布図(X,Y) またはバブルチャートの挿入」をクリックしてください。

LN関数を使って自然対数グラフを作成する(6)

表示されたグラフの一覧の中から「散布図」をクリックしてください。

LN関数を使って自然対数グラフを作成する(7)

LN 関数を使って y = logex のグラフが作成できました。

LN関数を使って自然対数グラフを作成する(8)

近似曲線を表示する

作成した自然対数のグラフに近似曲線を表示してみます。グラフを一度クリックし、グラフの右上に表示された「+」をクリックしてください。

LN関数を使って自然対数グラフを作成する(9)

グラフに表示するグラフ要素の一覧の中から「近似曲線」にマウスを合わせると矢印が表示されるのでクリックしてください。

LN関数を使って自然対数グラフを作成する(10)

表示されたメニューの中から「その他のオプション」をクリックしてください。

LN関数を使って自然対数グラフを作成する(11)

画面右側に「近似曲線の書式設定」を設定する画面が表示されます。「近似曲線のオプション」アイコンをクリックしてください。

LN関数を使って自然対数グラフを作成する(12)

「近似曲線のオプション」の中で表示する近似曲線の種類として「対数近似」を選択してください。

LN関数を使って自然対数グラフを作成する(13)

作成した自然対数のグラフに近似曲線が表示されました。

LN関数を使って自然対数グラフを作成する(14)

片対数グラフに変更する

対数グラフの横軸を対数目盛に変更することで、片対数グラフにすることができます。詳しい手順は LOG 関数と同じなので詳しくは「対数グラフを片対数グラフに変更する」を参照されてください。

先ほどのグラフを片対数グラフに変更すると次のようになります。

LN関数を使って自然対数グラフを作成する(15)

近似曲線を表示します。

LN関数を使って自然対数グラフを作成する(16)

-- --

Excel における LN 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。