HYPERLINK関数:別のブックのセルやWebサイトへのリンクを設定する

広告

HYPERLINK 関数は Excel で用意されている関数の一つで、引数に指定したリンク先へのリンクを設定します。リンク先は同じシートや別のブックにあるセル、同じ PC 内のファイル、 Web サイトなどです。ここでは Excel における HYPERLINK 関数の使い方について解説します。

(2021 年 10 月 10 日公開 / 2021 年 10 月 10 日更新)

HYPERLINK関数の使い方

HYPERLINK 関数は同じシート内や外部のブックにあるセル、同じ PC 内のファイル、 Web サイトへのリンクを設定します。

HYPERLINK(リンク先,別名)

1 番目の引数にリンク先を指定します。 2 番目の引数にリンクに表示する文字列を設定します。省略した場合はリンク先がそのまま文字列として表示されます。

同じワークシート内のセルへリンクする

同じワークシート内のセルへリンクを行う場合は、「#セル」のように記述します。例えば B2 セルへのリンクを設定するにはリンク先として次のように記述します。

"#B2"

別名を指定しない場合は、リンク先がそのまま表示されます。

HYPERLINK関数のサンプル(1)

2 番目の引数に別名を指定した場合は、別名に指定した文字列がリンク先として設定されます。

HYPERLINK関数のサンプル(2)

リンクをクリックすると、リンク先のセルへ移動します。

HYPERLINK関数のサンプル(3)

HYPERLINK関数のサンプル(4)

同じブック内の別のワークシートにあるセルへリンクする

同じブックの別のワークシートにあるセルへリンクを行う場合は、「#シート名!セル」のようにを記述します。例えば "Sheet2" シートにある B2 セルへのリンクを設定するにはリンク先として次のように記述します。

"#Sheet2!B2"

リンクをクリックすると、リンク先へ移動します。

HYPERLINK関数のサンプル(5)

HYPERLINK関数のサンプル(6)

別のブック内にあるセルへリンクする

別のブックにあるセルへリンクを行う場合は、「[C:\Doc\ブック名]シート名!セル」のようにを記述します。例えば "C:\Doc\personal.xlsx" ブックの中の "Sheet1" シートにある B2 セルへのリンクを設定するにはリンク先として次のように記述します。

"[C:\Doc\personal.xlsx]Sheet2!B2"

リンクをクリックすると、リンク先に指定したファイルが開きリンク先へ移動します。

HYPERLINK関数のサンプル(7)

HYPERLINK関数のサンプル(8)

同じPC内にあるファイルへリンクする

同じ PC 内にある Excel のファイルとは別のファイルへリンクを行う場合は、「C:\Doc\ファイル名」のようにを記述します。例えば Word 文書の "C:\Doc\memo.docx" へのリンクを設定するにはリンク先として次のように記述します。

"C:\Doc\memo.docx"

リンクをクリックすると、リンク先に指定したファイルが開きます。

HYPERLINK関数のサンプル(9)

HYPERLINK関数のサンプル(10)

WebサイトのURLへリンクする

インターネットに公開されている Web サイトへリンクを行う場合は、「https://www.example.com/」のようにを記述します。例えば Google 社への Web サイトである "https://www.google.co.jp/" へのリンクを設定するにはリンク先として次のように記述します。

"https://www.google.co.jp/"

リンクをクリックすると、ブラウザが起動しリンク先に指定した URL が開きます。

HYPERLINK関数のサンプル(11)

HYPERLINK関数のサンプル(12)

HYPERLINK関数のサンプル

それでは実際に HYPERLINK 関数を使ってみます。 Excel のシートに対象の数値を次のように入力しました。

HYPERLINK関数のサンプル(1)

リンク先を入力する B8 セルを選択し、次のように入力しました。 HYPERLINK 関数の 1 番目の引数にリンク先として同じシート内の B3 セルを示す "#B3" を設定しました。 2 番目の引数としてリンク先文字列として "本社" を設定しました。

=HYPERLINK("#B3","本社")

HYPERLINK関数のサンプル(2)

Enter キーを押すと、 B8 セルには次のように表示されます。

HYPERLINK関数のサンプル(3)

リンクをクリックすると、リンク先に設定されている B3 セルに移動します。

HYPERLINK関数のサンプル(4)

関数の挿入を使ってHYPERLINK関数を入力する

HYPERLINK 関数を入力する場合に関数の挿入を使って行う方法を試してみます。関数を挿入するセルをクリックして選択したあとで、関数の挿入をクリックします。

関数の挿入を使ってHYPERLINK関数を入力する(1)

「関数の挿入」ダイアログが表示されたら関数名のところで「HYPERLINK」をクリックしてください。そのあとで「OK」をクリックしてください。

関数の挿入を使ってHYPERLINK関数を入力する(2)

「関数の引数」ダイアログが表示されたら、 1 番目の引数にリンク先の文字列が入力されているセルを指定します。今回は直接リンク先を入力しました。

関数の挿入を使ってHYPERLINK関数を入力する(3)

続いて 2 番目の引数にリンクに表示する文字列が入力されているセルを指定します。今回は直接リンク先を入力しました。

関数の挿入を使ってHYPERLINK関数を入力する(5)

引数の指定が終わりましたら「OK」をクリックしてください。最初に選択したセルに HYPERLINK 関数が入力され、指定したリンク先へのリンクが表示されます。

関数の挿入を使ってHYPERLINK関数を入力する(6)

-- --

Excel における HYPERLINK 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。