UNIQUE関数:重複するデータをまとめてユニークな値の一覧を取得する

UNIQUE 関数は Excel で用意されている関数の一つで、引数に指定した配列の中で重複するデータを一つにまとめてユニークなデータの一覧を取得します。ここでは Excel における UNIQUE 関数の使い方について解説します。

※ Excel の対応バージョン : 365 web 2021

(Last modified: )

UNIQUE関数の定義

UNIQUE 関数は引数に指定した配列のデータの中で重複したものを一つにまとめてユニークなデータの一覧を取得します。

UNIQUE(配列,列の比較,回数指定)

1 番目の引数に対象の配列やセル範囲を指定します。配列は例えば 1 列だけを指定した場合は、同じ値を取り除いた一覧を取得します。

UNIQUE関数の定義(1)

UNIQUE関数の定義(2)

1番目の引数に複数の列を指定した場合は、それぞれの列の値の組み合わせが同じものを取り除きます。

UNIQUE関数の定義(3)

2 番目の引数では行ごとに値を比較するか、列ごとに値を比較するかを指定します。 FALSE を指定するか省略した場合には行ごとに値を比較して重複した値を取り除きます。 TRUE を指定した場合は列ごとに値を比較して重複した値を取り除きます。

UNIQUE関数の定義(4)

3 番目の引数を使用すると重複していない値だけを取得することができます。 FALSE を指定するか省略した場合は出現する回数に関わらず重複していない値を取り出して一覧を作成しますが、 TRUE を指定した場合は重複せずに 1 回だけ出現するデータだけを取得します。

UNIQUE関数の定義(5)

UNIQUE関数の使い方

それでは実際に UNIQUE 関数を使ってみます。 Excel のシートに対象の数値を次のように入力しました。

UNIQUE関数の使い方(1)

ユニークな値の一覧を表示する B10 セルを選択し、次のように入力しました。 UNIQUE 関数の 1 番目の引数に対象となるセル範囲の B3:B8 を指定します。

=UNIQUE(B3:B8)

UNIQUE関数の使い方(2)

Enter キーを押すと、 B10 セルには次のように表示されます。

UNIQUE関数の使い方(3)

対象のセル範囲の中で重複している値は一つにまとめて、ユニークな値の一覧を取得し表示しました。

UNIQUE関数の便利な利用方法

UNIQUE 関数の便利な利用方法を下記の記事で紹介しています。

-- --

Excel における UNIQUE 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

プログラミングや開発環境構築の解説サイトを運営しています。