配列定数の利用方法

広告

Excel における配列定数とは、表のような構造のデータをテキストを使って表現するものです。 VLOOKUP 関数などではまず Excel にデータを入力した上で、引数にセル範囲を使って対象のデータを指定しますが、配列定数を使用することで実際に Excel でデータが入力されていなくても対象のデータを指定することができます。ここでは Excel における配列定数の使い方について解説します。

(2021 年 09 月 13 日公開 / 2021 年 09 月 13 日更新)

配列定数を定義する

配列定数は、表のような構造のデータをテキストを使って表現するものです。例えば次のような表形式のデータを配列定数を使って表現する場合で考えてみます。

山田太郎東京都27
鈴木花子大阪府19

このような表形式のデータは配列定数を使って次のように定義することができます。

{"山田太郎","東京都",27;"鈴木花子","大阪府",19}

配列定数では行の区切りとしてカンマ(,)を使用し、列の区切りとしてセミコロン(;)を使用します。最後に配列定数全体を "{" から "}" で囲います。

配列定数の中で文字列を記述する場合はダブルコーテーション(")で囲って記述してください。

定義した配列定数は、関数の引数に直接記述することができます。

配列定数を関数の引数に指定する

それでは例として VLOOKUP 関数の引数として配列定数を指定してみます。まず最初に配列定数を使用しないで VLOOKUP 関数を使用してみます。 Excel に次のようにデータを入力しました。

配列定数を定義する(1)

C7 セルに次のように VLOOKUP 関数を入力します。

=VLOOKUP(B7,B2:C4,2,FALSE)

配列定数を定義する(2)

簡単に VLOOKUP 関数の説明を行うと、 1 番目の引数に指定したセルに入力した値を、 2 番目の引数に指定したセル範囲の 最初の列のデータと一致するかどうか上から下へ向かって検索し、見つかった場合は同じ行にある 2 番目の列の値を返します。

例えば B7 セルに "A-02" と入力すると、 VLOOKUP 関数を入力した C7 セルには "消しゴム" と表示されます。

配列定数を定義する(3)

次に配列定数を使って書き直してみます。 Excel では次のような結果を表示する枠だけを用意します。

配列定数を定義する(4)

C2 セルに次のように VLOOKUP 関数を入力します。このとき 2 番目の引数にセル範囲ではなく配列定数を指定します。

=VLOOKUP(B2,{"A-01","鉛筆";"A-02","消しゴム";"A-03","筆箱"},2,FALSE)

配列定数を定義する(5)

それでは B2 セルに "A-02" と入力してください。 VLOOKUP 関数を入力した C2 セルには "消しゴム" と表示されます。

配列定数を定義する(6)

また B2 セルに "A-03" と入力すると C2 セルには "筆箱" と表示されます。

配列定数を定義する(7)

このように配列定数を利用することで元になるデータを Excel に入力しなくても、直接関数の引数に表形式のデータを指定することができます。

※ VLOOKUP 関数の詳しい使い方については「VLOOKUP関数:指定の列を縦方向に検索し同じ行にある値を取得する」を参照されてください。

-- --

Excel における配列定数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。