ISERROR関数:エラー値かどうかを確認する

ISERROR 関数は Excel で用意されている関数の一つで、引数に指定した値がエラー値かどうかを確認します。エラー値だった場合は TRUE 、エラー値ではなかった場合は FALSE が返されます。ここでは Excel における ISERROR 関数の使い方について解説します。

※ Excel の対応バージョン : 365 web 2021 2019 2016 2013 2010 2007

(Last modified: )

ISERROR関数の使い方

ISERROR 関数は引数に指定した値がエラー値かどうかを確認します。

ISERROR(テストの対象)

引数に指定した値がエラー値だった場合 TRUE を返し、エラー値ではなかった場合は FALSE を返します。エラー値は #N/A#VALUE!#REF!#DIV/0!#NUM!#NAME?#NULL! のいずれであっても TRUE となります。

例えば引数に 10 + 5 を指定した場合、数式の結果が 15 となるため ISERROR 関数は FALSE が返されます。

=ISERROR(10+5)
--> FALSE

引数に 10 / 0 を指定した場合、数式の結果が #DIV/0! となるため ISERROR 関数は TRUE が返されます。

=ISERROR(10/0)
--> TRUE

ISERROR関数のサンプル

それでは実際に ISERROR 関数を使ってみます。 Excel のシートに対象の数値を次のように入力しました。

ISERROR関数のサンプル(1)

取得した結果を表示する G3 セルを選択し、次のように入力しました。引数に対象となる E3 セルを指定しています。

=ISERROR(E3)

ISERROR関数のサンプル(2)

Enter キーを押すと、 G3 セルには次のように表示されます。

ISERROR関数のサンプル(3)

対象の G3 セルに入力されている値がエラー値だったので TRUE を取得し表示しました。

G4 セルから G6 セルに対しても同じように ISERROR 関数を入力すると、次のように表示されました。

ISERROR関数のサンプル(4)

ISERROR 関数の場合は、エラーの種類に関係なくエラー値であれば TRUE を返します。

IF関数と組み合わせて使用する

ISERROR 関数は TRUE または FALSE の論理値を返す関数のため、 IF 関数と組み合わせて使用されることが多いです。その場合、 IF 関数の 1 番目の引数に ISERROR 関数を指定します。例えば G3 セルに次のように入力します。

=IF(ISERROR(E3),"OK","ERROR")

ISERROR関数のサンプル(5)

今回は簡単に、対象のセルの値がエラー値だった場合は "ERROR" 、エラー値ではなかった場合は "OK" と表示するようにしました。 Enter キーを押すと、 G3 セルには次のように表示されます。

ISERROR関数のサンプル(6)

G4 セルから G6 セルに対しても同じように IF 関数と ISERROR 関数を組み合わせた式を入力すると、次のように表示されました。

ISERROR関数のサンプル(7)

IF 関数の詳しい使い方については「IF関数:条件が真の場合と偽の場合で異なる値を返す」を参照されてください。

-- --

Excel における ISERROR 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

プログラミングや開発環境構築の解説サイトを運営しています。