商品リストから重複しないデータを抽出する(UNIQUE)

商品などのリストの中で重複していないデータの一覧を取得する場合、 Excel 2019 以降の Excel が利用できる環境であれば UNIQUE 関数を使うのが一番簡単です。 ここでは Excel の関数である UNIQUE 関数を使って商品リストから重複しないデータを抽出する方法について解説します。なお UNIQIE が利用できない場合、いくつか方法がありますが参考として Excel のフィルター機能を使った方法をあわせてご紹介します。

(2021 年 03 月 09 日公開 / 2022 年 03 月 09 日更新)

UNIQUE関数を利用する

Excel 2019 以降の環境であれば UNIQUE 関数を利用するのが簡単です。次のシートを見てください。

UNIQUE関数を利用する(1)

B 列に含まれる商品名のデータから重複したデータを除外して重複していないデータのリストを E 列に表示します。重複していないデータを表示する E3 セルに次のような数式を入力しました。

=UNIQUE(B3:B10)

UNIQUE関数を利用する(2)

Enter キーを押すと E3 セルを先頭に重複していないデータの一覧が表示されます。

UNIQUE関数を利用する(3)

このように UNIQUE 関数を利用できる環境であれば、引数に対象のデータのセル範囲を指定するだけで重複したいないデータの一覧を取得できます。ただ UNIQUE 関数が利用できるのは Excel 2019 以降のため、それ以前の Excel の場合でも実行できるフィルタ機能などを利用して重複しないデータの一覧を取得する方法をご紹介します。

今回使用した関数の解説は下記を参照されてください。

フィルター機能を利用する

UNIQUE 関数が利用できるのは Excel 2019 以降のため、それ以前の Excel の場合でも実行できるフィルタ機能などを利用して重複しないデータの一覧を取得する方法をご紹介します。次のシートを見てください。

フィルター機能を利用する(1)

B 列に含まれる商品名のデータから重複したデータを除外して重複していないデータのリストを E 列に表示します。この時 B2 セルの見出しの名前と E2 セルの見出しの名前を同じにしておく必要があります。

セル範囲 B2:B10 を選択して上で「データ」タブをクリックしてください。

フィルター機能を利用する(2)

リボンが表示されたら「並び替えとフィルター」グループの中にある「詳細設定」をクリックしてください。

フィルター機能を利用する(3)

「フィルターオプションの詳細設定」ダイアログが表示されます。

フィルター機能を利用する(4)

「リスト範囲」に先に選択した B2:B10 が入力されているか確認してください。別の値が設定されていた場合は、「リスト範囲」のテキストボックスに B2:B10 と入力してください。

フィルター機能を利用する(5)

次に抽出先として「指定した範囲」を選択したあとで、「抽出範囲」のテキストボックスに E2 と入力してください。

フィルター機能を利用する(6)

フィルター機能を利用する(7)

最後に「重複するレコードは無視する」にチェックをしてください。そのあとで「OK」をクリックしてください。

フィルター機能を利用する(8)

E3 セルを先頭に重複していないデータの一覧が表示されました。

フィルター機能を利用する(9)

-- --

Excel の関数である UNIQUE 関数を使って商品リストから重複しないデータを抽出する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。