MIRR関数:キャッシュフローから修正内部収益率を算出する

MIRR 関数は Excel で用意されている関数の一つで、キャッシュフローから修正内部収益率を算出する場合に使用します。ここでは Excel における MIRR 関数の使い方について解説します。

※ Excel の対応バージョン : 365 web 2021 2019 2016 2013 2010 2007

(Last modified: )

MIRR関数の使い方

MIRR 関数はキャッシュフローから修正内部収益率を算出する場合に使用します。

MIRR(範囲,安全利率,危険利率)

1 番目の引数にはキャッシュフローの値が入力されている配列やセル範囲を指定します。記載された順番にキャッシュフローが毎期発生するものとして扱われ、先頭には投資した金額を負の値で指定してください。

2 番目の引数には資金の調達に対する利率を指定します。これは途中で追加で借入が発生した場合などに適用されます。 3 番目の引数には途中で取得したキャッシュフローを改めて投資する場合に得られる利率を指定します。

IRR 関数を使った内部収益率を算出する場合、途中で得たキャッシュフローは内部収益率と同じ率で再投資されるという前提で算出されています。それに対して MIRR 関数を使った修正内部収益率では、途中で得たキャッシュフローが再投資される場合に得られる利率(危険利率)を別に指定することができます。また途中で資金の調達が必要になった場合の利率(安全利率)も設定できます。

内部収益率とは正味現在価値がちょうど 0 になるような割引率のことです。正味現在価値については「NPV関数:キャッシュフローと割引率から投資の正味現在価値を算出する」を参照されてください。

実際の利用方法はこのあとのサンプルで解説します。

MIRR関数のサンプル

それでは実際に MIRR 関数を使ってみます。 Excel のシートに対象の数値を次のように入力しました。

MIRR関数のサンプル(1)

修正内部収益率を表示する D3 セルを選択し、次のように入力しました。 MIRR 関数の 1 番目の引数に各期で発生するキャッシュフローが入力されたセル範囲 C6:C10 を入力します。 2 番目の引数に安全利率が入力された B3 セルを指定しました。 3 番目の引数に危険利率が入力された C3 セルを指定しました。

=MIRR(C6:C10,B3,C3)

MIRR関数のサンプル(2)

Enter キーを押すと、 D3 セルには次のように表示されます。

MIRR関数のサンプル(3)

修正内部収益率が 3.324% であることが分かりました。(今回は途中で資金の調達を行っていないので安全利率が何 % であっても同じ結果となります)。

ちなみに IRR 関数を使って内部収益率を算出した場合は 3.466% でした。

MIRR関数のサンプル(4)

内部収益率の場合は、途中で得たキャッシュフローは IRR と同じ利率で投資が行われるという前提で算出した値です。そのため、修正内部収益率で危険利率に IRR と同じ値を設定すると、内部収益率と修正内部収益率は同じ値になります。

MIRR関数のサンプル(5)

IRR 関数の使い方については「IRR関数:キャッシュフローから内部収益率を算出する」を参照されてください。

-- --

Excel における MIRR 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告