XNPV関数:不定期に発生するキャッシュフローと割引率から投資の正味現在価値を算出する

XNPV 関数は Excel で用意されている関数の一つで、不定期に発生するキャッシュフローと割引率から投資の正味現在価値を算出する場合に使用します。ここでは Excel における XNPV 関数の使い方について解説します。

※ 定期的にキャッシュフローが発生する場合は NPV 関数を使用します。詳しくは「NPV関数:キャッシュフローと割引率から投資の正味現在価値を算出する」を参照されてください。

※ Excel の対応バージョン : 365 web 2021 2019 2016 2013 2010 2007

(Last modified: )

XNPV関数の使い方

XNPV 関数はキャッシュフローと割引率から投資の正味現在価値を算出する場合に使用します。

XNPV(割引率,キャッシュフロー,日付)

1 番目の引数には割引率を表す数値を指定します。 2 番目の引数には、発生するキャッシュフローの値を配列やセル範囲を使って指定します。 3 番目の引数にはキャッシュフローが発生した日付を配列やセル範囲を使って指定します。

2 番目の引数の最初の値は投資を行った金額を負の値で指定し、 3 番目の引数の最初の値は投資を行った日付を指定します。

割引率を r 、投資を行った日付を d1 、 キャッシュフローが発生した日付を di 、 発生したキャッシュフローの値を CFi とすると、発生したキャッシュフローの正味現在価値は次のような式で算出することができます。

XNPV関数のサンプル(1)

XNPV 関数を使用することで、それぞれのキャッシュふローの正味現在価値を合計した値を算出することができます。投資を行った金額が 1 番目に負の値として入力されているので、最終的に正味現在価値が正の値になれば投資するメリットがあるということになります。

簡単なシミュレーションを作成してみます。各期で発生したキャッシュフローを割引率で割り引いた値をそれぞれ取得し、その合計を正味現在価値として表示しました。

XNPV関数の使い方(1)

それぞれのキャッシュフローについて、投資を最初に行った日付からキャッシュフローが発生した日付までの経過日数を取得します。 Excel では日付の値は内部的にシリアル値と呼ばれる数値で保存されているので、経過日数は単に差を取得するだけです。その値を使ってそれぞれのキャッシュフローを割り引いています。

正味現在価値が正の値となりましたので、この投資はメリットがあることになります。

今回はシミレーションを作成して正味現在価値を算出しましたが、 XNPV 関数を使用することでシミュレーションを作成することなく正味現在価値を算出することができます。

XNPV関数のサンプル

それでは実際に XNPV 関数を使ってみます。 Excel のシートに対象の数値を次のように入力しました。

XNPV関数のサンプル(1)

正味現在価値を表示する D3 セルを選択し、次のように入力しました。 XNPV 関数の 1 番目の引数に割引率が入力されたセルとして B3 セルを指定します。 2 番目の引数に発生したキャッシュフローが入力されたセル範囲 C6:C10 を入力します。 3 番目の引数に発生したキャッシュフローが発生した日付が入力されたセル範囲 D6:D10 を入力します。

=XNPV(B3,C6:C10,D6:D10)

XNPV関数のサンプル(2)

Enter キーを押すと、 D3 セルには次のように表示されます。

XNPV関数のサンプル(3)

正味現在価値が 65,991 であることが分かりました。この金額は先ほどシミュレーションで算出した金額と一致します。

-- --

Excel における XNPV 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告