OCT2DEC関数:8進数を10進数に変換する

OCT2DEC 関数は Excel で用意されている関数の一つで、引数に指定した 8 進数の形式で記述された数値を 10 進数の形式の数値に変換します。ここでは Excel における OCT2DEC 関数の使い方について解説します。

※ Excel の対応バージョン : 365 web 2021 2019 2016 2013 2010

(Last modified: )

OCT2DEC関数の使い方

OCT2DEC 関数は 8 進数の形式で記述された数値を 10 進数の形式の数値に変換します。

OCT2DEC(数値)

引数に対象の数値を指定します。数値は 8 進数の形式で記述します。最大 10 文字まで記述できますが、最上位のビットは符号を表し 1 なら負の値となります。( 10 進数に変換する場合は数値から数値への変換となるので桁数の指定はありません)。

8 進数の形式で最大 10 文字まで記述できるので、記述可能な値は次の範囲内の値となります。

0000000000 から 7777777777

これらの 8 進数の数値の中で 2 進数の表記にしたときに最上位のビットが 1 になるのは 8 進数の数値の最上位の数値が 4 (二進数で 100 ) から 7 (二進数で 111 )までのいずれかの値です。よって正の値と負の値の範囲は次のようになります。

(正の値) 0000000000 から 3777777777
(負の値) 4000000000 から 7777777777

※ 正の値の場合、先頭から最初に 1 が現れるまでの 0 は記述しなくても構いません。 0000000777 は単に 777 と記述します。

例えば引数に 12 を指定すると、戻り値は 10 になります。

=OCT2DEC(12)
--> 10

1 番目の引数に 750 を指定すると、戻り値は 488 になります。

=OCT2DEC(750)
--> 488

1 番目の引数に 7777777724 を指定すると、戻り値は -44 になります。

=OCT2DEC(7777777724)
--> -44

OCT2DEC関数のサンプル

それでは実際に OCT2DEC 関数を使ってみます。 Excel のシートに対象の数値を次のように入力しました。

OCT2DEC関数のサンプル(1)

10 進数に変換した結果を表示する C3 セルを選択し、次のように入力しました。変換する対象の数値として B3 セルを指定しています。今回 2 番目の引数の桁数は省略しました。

=OCT2DEC(B3)

OCT2DEC関数のサンプル(2)

Enter キーを押すと、 C3 セルには次のように表示されます。

OCT2DEC関数のサンプル(3)

C4 セルから C8 セルに対しても同じように OCT2DEC 関数を入力すると、次のように表示されました。

OCT2DEC関数のサンプル(4)

-- --

Excel における OCT2DEC 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

プログラミングや開発環境構築の解説サイトを運営しています。