DATESTRING関数:日付を和暦の文字列に変換する

広告

DATESTRING 関数は Excel で用意されている関数の一つで、日付を表すシリアル値を和暦の文字列に変換して取得します。元号は明治から令和まで対応しています。ここでは Excel における DATESTRING 関数の使い方について解説します。

(2021 年 09 月 22 日公開 / 2021 年 09 月 22 日更新)

DATESTRING関数の使い方

DATESTRING 関数は日付を表すシリアル値を和暦の文字列に変換します。

DATESTRING(シリアル値)

引数に対象となる日付を表すシリアル値を指定します。日付は 1900/01/01 以降の日付が指定可能なので 1900/01/01 を和暦に変換した「明治33年01月01日」から令和までの文字列に変換されます。

例えば引数に 2021/07/14 を表すシリアル値 44391 を指定すると、和暦に変換されて「令和03年07月14日」が返されます。

=DATESTRING(44391)
--> 令和03年07月14日

また引数に 1978/03/21 を表すシリアル値 28570 を指定すると、和暦に変換されて「昭和53年03月21日」が返されます。

=DATESTRING(28570)
--> 昭和53年03月21日

なお DATESTRING 関数は関数の一覧に記載がないため、すべて手入力で入力を行う必要があります。「関数の挿入」ダイアログなどからも入力することはできません。

※ 日付や時刻に関するシリアル値については「Excelにおける日付と時刻のシリアル値とは」を参照されてください。

DATESTRING関数のサンプル

それでは実際に DATESTRING 関数を使ってみます。 Excel のシートに次のようにデータを入力しました。

DATESTRING関数のサンプル(1)

和暦に変換した文字列を表示する C3 セルを選択し、次のように入力しました。 DATESTRING 関数の引数に変換する対象の日付のシリアル値が含まれる B3 セルを指定します。

=DATESTRING(B3)

DATESTRING関数のサンプル(2)

Enter キーを押すと、 C3 セルには次のように表示されます。

DATESTRING関数のサンプル(3)

対象の日付を和暦の文字列に変換した値を取得し D3 セルに表示しました。

同じように D4 セルから D7 セルに対して DATESTRING 関数を入力すると次のように表示されました。

DATESTRING関数のサンプル(4)

このように 1900/01/01 以降の日付であれば DATESTRING 関数を使って和暦に変換することができます。

-- --

Excel における DATESTRING 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。