COVARIANCE.P関数:2つのデータ群の共分散を取得する

COVARIANCE.P 関数は Excel で用意されている関数の一つで、 2 つのデータ群の共分散を取得します。 COVARIANCE.P 関数はデータ群が母集団全体の場合に共分散を取得する場合に使用します。ここでは Excel における COVARIANCE.P 関数の使い方について解説します。

※ データ群を標本とみなす場合は COVARIANCE.S 関数を使用します。詳しくは「COVARIANCE.S関数:2つのデータ群を標本とみなして共分散を取得する」を参照されてください。

※ Excel の対応バージョン : 365 web 2021 2019 2016 2013 2010

(Last modified: )

COVARIANCE.P関数の使い方

COVARIANCE.P 関数は 2 つのデータ群の共分散を取得します。 COVARIANCE.P 関数はデータ群が母集団全体の場合に共分散を取得する場合に使用します。

COVARIANCE.P(配列1,配列2)

1 番目の引数および 2 番目の引数にそれぞれデータが入力されたセル範囲を指定します。戻り値として 2 つのデータ群の共分散を取得します。

共分散は次のように算出することができます。( COVARIANCE.P 関数の場合は上、 COVARIANCE.S 関数の場合は下となります)。

CORREL関数の使い方(1)

共分散の値が正の大きな値となった場合は、片方の値が高くなるともう片方も値も高い傾向があることを示します。逆に共分散の値が負の大きな値となった場合は、片方の値が高くなるともう片方の値がは低い傾向があることを示しています。共分散の値が 0 に近い場合は 2 つの値に関係性がないことを示しています。

実際の使い方はこのあとのサンプルで解説します。

COVARIANCE.P関数のサンプル

それでは実際に COVARIANCE.P 関数を使ってみます。 Excel のシートに対象の数値を次のように入力しました。

COVARIANCE.P関数のサンプル(1)

取得した共分散を表示する F3 セルを選択し、次のように入力しました。 COVARIANCE.P 関数の 1 番目の引数にセル範囲の C3:C8 を指定します。 2 番目の引数にセル範囲の D3:D8 を指定します。

=COVARIANCE.P(C3:C8,D3:D8)

COVARIANCE.P関数のサンプル(2)

Enter キーを押すと、 F3 セルには次のように表示されます。取得した共分散の値は正の大きな値となりました。

COVARIANCE.P関数のサンプル(3)

2 つのデータ群を使って散布図を作成してみると、片方の値が高いほどもう片方の値も高くなっていることが分かります。

COVARIANCE.P関数のサンプル(4)

別のデータを試してみます。 Excel のシートに対象の数値を次のように入力しました。

COVARIANCE.P関数のサンプル(5)

先ほどと同じように取得した共分散の値を表示する F3 セルに COVARIANCE.P 関数を入力したあとで Enter キーを押すと、 F3 セルには次のように表示されます。取得した共分散の値は 0 に近い小さな値となりました。

=COVARIANCE.P(C3:C8,D3:D8)

COVARIANCE.P関数のサンプル(6)

2 つのデータ群を使って散布図を作成してみると、 2 つのデータに関係性があまりないことが分かります。

COVARIANCE.P関数のサンプル(7)

-- --

Excel における COVARIANCE.P 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

プログラミングや開発環境構築の解説サイトを運営しています。