STDEV.P関数:引数の数値を母集団全体と見なし標本標準偏差を取得する

STDEV.P 関数は Excel で用意されている関数の一つで、引数の数値を母集団全体と見なし、母集団の標準偏差(標本標準偏差)を取得します。ここでは Excel における STDEV.P 関数の使い方について解説します。

※ Excel の対応バージョン : 365 web 2021 2019 2016 2013 2010

(Last modified: )

STDEV.P関数の使い方

STDEV.P 関数は引数の数値を母集団全体と見なし、母集団の標準偏差(標本標準偏差)を取得します。

STDEV.P(数値1,数値2,...)

引数に数値または数値が入力されているセルを指定します。セル範囲を指定することもできます。

例えば引数として 78, 64, 68, 92, 84 を指定した場合、標本標準偏差の戻り値として 10.24499878 を返します。

=STDEV.P(78,64,68,92,84)
--> 10.24499878

なお数値以外の文字列や論理値などが入力されたセルや、空のセルは無視されます。

STDEV.P関数のサンプル

それでは実際に STDEV.P 関数を使ってみます。 Excel のシートに対象の数値を次のように入力しました。

STDEV.P関数のサンプル(1)

標本標準偏差を表示する E3 セルを選択し、次のように入力しました。 STDEV.P 関数の 1 番目の引数に対象のデータが入力されているセル範囲として C3:C11 を指定します。

=STDEV.P(C3:C11)

STDEV.P関数のサンプル(2)

Enter キーを押すと、 E3 セルには次のように表示されます。

STDEV.P関数のサンプル(3)

-- --

Excel における STDEV.P 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

プログラミングや開発環境構築の解説サイトを運営しています。