PERCENTRANK.EXC関数:配列内での値の順位を百分率で取得する

PERCENTRANK.EXC 関数は Excel で用意されている関数の一つで、対象の配列の中で指定した値の順位を百分率で取得します。 PERCENTRANK.EXC 関数の場合、先頭のデータの率が 0(0%) より大きく、最後のデータの率が 1(100%) よりも小さくなります。ここでは Excel における PERCENTRANK.EXC 関数の使い方について解説します。

※ Excel の対応バージョン : 365 web 2021 2019 2016 2013 2010

(Last modified: )

PERCENTRANK.EXC関数の使い方

PERCENTRANK.EXC 関数は対象の配列の中で指定した値の順位を百分率で取得します。

PERCENTRANK.EXC(配列,値,有効桁数)

1 番目の引数に対象となるデータが含まれるセル範囲を指定します。 2 番目の引数に順位を調べる値を指定します。 3 番目の引数に結果として取得する順位を小数点何桁まで取得するのかを指定します。省略した場合は 3 が指定されたものとして扱われます。

例えば次のようなデータから順位を取得する場合で考えてみます。

PERCENTRANK.EXC関数の解説(1)

対象のデータを小さい順に並び替えて、そのあとでそれぞれのデータに順位を付けます。このとき PERCENTRANK.EXC 関数では先頭のデータの順位が 1 となります。

PERCENTRANK.EXC関数の解説(2)

今回取得する百分率での順位は、各値をデータの数に 1 を加えた値で割った値で計算します。今回はデータの数が 6 なので、各値を 6 に 1 を加えた 7 で割った値が順位の百分率となります。

PERCENTRANK.EXC関数の解説(3)

PERCENTRANK.EXC関数のサンプル

それでは実際に PERCENTRANK.EXC 関数を使ってみます。 Excel のシートに対象の数値を次のように入力しました。

PERCENTRANK.EXC関数のサンプル(1)

順位を表示する D3 セルを選択し、次のように入力しました。 PERCENTRANK.EXC 関数の 1 番目の引数に対象のデータが入力されているセル範囲として $C$3:$C$11 、 2 番目の引数には順位を調べる値が入力されている C3 、 3 番目の引数には小数点以下の桁数として 2 を指定します。

=PERCENTRANK.EXC($C$3:$C$11,C3,2)

PERCENTRANK.EXC関数のサンプル(2)

Enter キーを押すと、 E5 セルには次のように表示されます。

PERCENTRANK.EXC関数のサンプル(3)

同じように D4 セルから D11 セルまで PERCENTRANK.EXC 関数を入力すると次のように表示されました。

PERCENTRANK.EXC関数のサンプル(4)

PERCENTRANK.EXC 関数の場合は一番小さな値の順位が 0 よりも大きくなり、一番大きな値の順位が 1 よりも小さくなります。

-- --

Excel における PERCENTRANK.EXC 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

プログラミングや開発環境構築の解説サイトを運営しています。