COUNTBLANK関数:空白セルの個数を取得する

COUNTBLANK 関数は Excel で用意されている関数の一つで、空白セルの個数を取得します。数値や文字列、エラー値など何らかの値が入力されているセルはカウントしません。ここでは Excel における COUNTBLANK 関数の使い方について解説します。

なお、 COUNTBLANK 関数とは逆に空白セル以外の個数を取得するための関数として COUNTA 関数が用意されています。詳しくは「COUNTA関数:空白セル以外のセルの個数を取得する」を参照されてください。

※ Excel の対応バージョン : 365 web 2021 2019 2016 2013 2010 2007

(Last modified: )

COUNTBLANK関数の定義

COUNTBLANK 関数は引数に指定したセルの中から空白セルの個数を取得します。

COUNTBLANK(範囲)

引数にはセル範囲を指定します。

例えば下記の C3:C8 のセル範囲の中で空白セルは 1 つ、空白セル以外のセルは 5 つとなります。

COUNTBLANK関数の定義(1)

そのため COUNTBLANK 関数の引数に C3:C8 のセル範囲を指定した場合は戻り値として 1 を返します。

COUNTBLANK関数の使い方

それでは実際に COUNTBLANK 関数を使ってみます。 Excel のシートに対象の数値を次のように入力しました。

COUNTBLANK関数の使い方(1)

空白セルの個数を表示する C10 セルを選択し、次のように入力しました。 COUNTBLANK 関数の 1 番目の引数に個数を調べる範囲として C3 から C8 までのセル範囲を指定します。

=COUNTBLANK(C3:C8)

COUNTBLANK関数の使い方(2)

Enter キーを押すと、 C10 セルには次のように表示されます。

COUNTBLANK関数の使い方(3)

引数に指定したセル範囲の中で空白セルは全部で 1 つあるため、 COUNTBLANK 関数の戻り値として 1 を取得しました。

複数範囲をCOUNTBLANK関数で調べる

COUNTBLANK 関数では引数を一つしか指定できないので離れた場所にある範囲を一度に調べることはできませんが、 COUNTBLANK 関数が返す値は空白セルの個数なので複数の COUNTBLANK を + 演算子で加算することで複数範囲を一度の計算式で調べることができます。次のシートを見てください。

複数範囲をCOUNTBLANK関数で調べる(1)

C3:C8 の範囲と F3:F8 の範囲を一度の計算式で空白のセルの個数をカウントするため C10 セルに次のように入力しました。

=COUNTBLANK(C3:C8)+COUNTBLANK(F3:F8)

複数範囲をCOUNTBLANK関数で調べる(2)

Enter キーを押すと C10 セルには次のように表示されます。

複数範囲をCOUNTBLANK関数で調べる(3)

最初の範囲に空白セルが 1 つあり、次の範囲に空白セルが 2 つあるため、それぞれを加算した結果として 3 を取得することができました。このように + 演算子を使用することで複数範囲を COUNTBLANK 関数で調べることができます。

-- --

Excel における COUNTBLANK 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告