空白のセルをカウントする(COUNTBLANK)

広告

指定したセル範囲に含まれる空白のセルの個数をカウントします。

=COUNTBLANK(セル範囲1, セル範囲2, ...)

引数に指定した複数のセル範囲の中で、データが含まれていないセルの個数をカウントします。

例えば次のような記述となります。

=COUNTBLANK(A1:A4)

この例の場合、セルA1からセルA4までのセルの中で、データが含まれていないセルの個数をカウントします。

では実際に試して見ます。

1.元となるExcelを用意する

下記のようなExcelシートを用意します。

COUNTBLANK関数のテスト

現在予約が入っていない会議室の数をカウントします。

2.結果を表示するセルを選択

カウントした結果を表示するセルを選択します。

COUNTBLANK関数のテスト

結果を表示するセルは「D11」です。

3.関数の設定

挿入する関数を選択します。メニューの「挿入」から「関数」を選択します。

COUNTBLANK関数のテスト

「関数の検索」で「countblank」を入力し、「関数名」で「COUNTBLANK」が選択されていることを確認してから「OK」ボタンをクリックします。

COUNTBLANK関数のテスト

「値1」にカウント対象となるセル範囲を入力します。

COUNTBLANK関数のテスト

最後に「OKボタンをクリックして下さい。

4.結果の表示

指定したセル範囲の中で、データが含まれているセルの個数をカウントして表示します。

COUNTBLANK関数のテスト

結果としては「8」という数値が表示されます。現在予約がされていない会議室は全部で8室ということになります。

次のように直接セルに関数を入力しても同じ結果となります。

=COUNTBLANK(C3:D9)

Excel関数入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )