データ型の種類

広告

テーブルを設計する際には必要なフィールドを指定し、フィールド毎に格納するデータ型を決めていく必要があります。ここではAccessで利用可能なデータ型について簡単に確認しておきます。

Accessで利用可能なデータ型は次の通りです。

データ型説明サイズ
テキスト型文字列、または住所などの文字と数字の組み合わせに使用します。また、電話番号、部品番号、郵便番号など、計算する必要がない数字にも使用します。最大255文字
メモ型注意や説明など、長い文字列または数字に使用します。最大65,536文字
数値型計算で使用する数値データに使用します。ただし通貨の計算には使用できません (通貨の場合は、通貨型を使用します)。 1、2、4、8、16バイト
日付/時刻型日付と時刻に使用します。8バイト
通貨型通貨の値に使用します。および数値データが格納されます。計算時に丸めによる誤差が生じないようにします。8バイト
オートナンバー型レコードが追加されると、連続番号か乱数が自動的に挿入されます。連続番号は、1 から付けられます。4バイト又は16バイト
Yes/No 型Yes/No、True/False、On/Off など、二者択一のデータに使用します。Null 値を格納することはできません。1ビット
OLE オブジェクト型OLE プロトコルを使用してほかのプログラムで作成された、Microsoft Word 文書、Microsoft Excel ワークシート、画像、音声、その他のバイナリ データなどの OLE オブジェクトに使用します。 最大1GB。ディスク容量にもよる。
ハイパーリンク型ハイパーリンクに使用します。ハイパーリンクには UNC (汎用名前付け規則) または URL (Uniform Resource Locator) を適用できます。 最大64,000文字

例えば文字を入力するフィールドであれば文字数によってテキスト型やメモ型を選択します。

特殊な型としてオートナンバー型は自動的に連番を付けていきたい場合に利用します。このデータ型を設定したフィールドには値を格納する必要はありません。行を追加すると自動的に連番で番号が入力されていきます。

各データ型をデザインビューで設定する時にはさらに最大入力文字数やNULLの入力許可など細かい設定が可能です。

数値型の詳細

数値型には整数や長整数などもう少し細かい種類が存在します。

種類説明小数の精度サイズ
Byte/バイト型0 ~ 255 の範囲の整数なし1バイト
Decimal/十進型-10^38-1 ~ 10^38-1(Access プロジェクト)、、-10^28-1 ~ 10^28-1(Access データベース)2812バイト
Integer/整数型-32,768 ~ 32,767の整数なし2バイト
Long Integer/長整数型-2,147,483,648 ~ 2,147,483,647の整数なし4バイト
Single/単精度浮動小数型3.402823E38 ~ -1.401298E-45、1.401298E-45 ~ 3.402823E3874バイト
Double/倍精度浮動小数型1.79769313486231E308 ~ -4.94065645841247E-324、1.79769313486231E308 ~4.94065645841247E-324158バイト
レプリケーション IDGUID (Globally Unique Identifier)N/A16バイト

それぞれデータ型としては数値型で同じですが、フィールドに対して設定する時に数値型の中でもどのような数値を扱うのかを合わせて指定することになっています。デフォルトの値は長整数型です。

この中でレプリケーション IDはレプリケーションで一意の識別子を設定するために Access データベースで使用されるフィールドのことです。取りあえず気にしなくて結構です。

Access入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )