レコードを削除する

テーブルに入力したレコードはあとから削除することができます。ここでは Access でテーブルからレコードを削除する方法を解説します。

(2022 年 06 月 12 日公開 / 2022 年 06 月 12 日更新)

レコードを削除する

既存のレコードを削除する方法です。まずテーブルをデータシートビューで表示して下さい。

レコードの削除

削除したいレコードのレコードセレクタをクリックします。

レコードの削除

「編集」メニューの「削除」をクリックします。

レコードの削除

削除されるレコード数が表示され削除するかどうか確認するダイアログが表示されます。Accessの場合は削除されたレコードは元に戻す事はできませんので注意して削除して下さい。削除する場合は「はい」をクリックします。

レコードの削除

レコードの削除

ここで1つ注意点です。レコードを削除した後に、改めて新しいレコードを追加した場合、オートナンバー型が設定されているフィールドの値は、一度削除された値は使われずに最後に使われた値の次の値を新しいレコードに設定します。その為、レコードの削除などを行うと続き番号にはならなくなっていきますので注意して下さい。

レコードの削除

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。