クエリの作成と保存

広告

それではクエリの作成方法から確認していきます。クエリを作成したいデータベースファイルを開いて下さい。(データベースファイルの作成や開き方については『データベースファイル』を参照して下さい)。

クエリを作成する

データベースウィンドウが表示されていると思います。オブジェクトの中から「クエリ」を選択し「新規作成」をクリックします。

クエリを作成する

次のようなウィンドウが表示されクエリをどのように作成するかで選択します。今回は一番上の「デザインビュー」を使用します。デザインビューをクリックしてから「OK」ボタンをクリックして下さい。

クエリを作成する

クエリとして表示する元のデータを管理しているテーブルを選択します。今回は単純に1つのテーブルから必要なデータだけを表示するクエリを作成してみましょう。「顧客情報テーブル」を選択して「追加」ボタンをクリックします。その後で「閉じる」ボタンをクリックして下さい。

クエリを作成する

次のようなウィンドウが表示されています。画面上部には元になるテーブルの一覧が表示され、画面下部にはクエリとして表示したいフィールドを選択する画面となっています。

クエリを作成する

それではクエリとして表示したいフィールドを選択します。画面下部の一番左にあるフィールドの箇所にあるコンボボックスをクリックしてフィールドを選択します。今回は元になっているテーブルに含まれるフィールドが選択できるようになっています。まず「顧客ID」を選択します。

クエリを作成する

すると次のように表示されます。

クエリを作成する

同じように左から2番目のフィールドの箇所に今度は「顧客名」フィールドを選択します。

クエリを作成する

これでクエリの作成は終了です。今回は「顧客情報テーブル」を元にして、そのテーブルに含まれる「顧客ID」と「顧客名」だけを表示するクエリを作成しました。

クエリの保存

それでは作成したクエリを保存してみます。「ファイル」メニューの中の「上書き保存」メニューをクリックします。

クエリを作成する

新規作成したから最初の保存ですので保存するクエリの名前を指定します。名前を入力してから「OK」ボタンをクリックして下さい。

クエリを作成する

名前を付けて保存が行われるとクエリのタイトルが保存したクエリに名に変更になります。それではクエリウィンドウの右上の「×」ボタンをクリックしてクエリウィンドウを閉じて下さい。

クエリを作成する

データベースウィンドウにおいて、オブジェクトとして「クエリ」をクリックした時に先ほど作成したクエリが表示されていれば保存は無事終了です。

クエリを作成する

Access入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )