値要求と空文字の許可

広告

「値要求」プロパティではフィールドに対して値の入力が必須なのかどうかを指定します。「はい」を設定すると必ずデータを入力しなければなりません。また「空文字の許可」プロパティでは「長さが0の文字列」を入力可能にするかどうかを設定します。

「値要求」が「いいえ」の時は「Null」を格納することが出来ますが、「はい」の時は「Null」は格納できません。またテキスト型の場合、「値要求」プロパティ及び「空文字の許可」プロパティの両方に「はい」を選択した場合、何も入力を行わなかった場合には「長さ0の文字列」が格納されます。「値要求」が「いいえ」で「空文字の許可」が「はい」の場合だけ「Null」と「長さ0の文字列」の両方が格納可能です。

値要求空文字の許可入力可能なデータ
いいえいいえNull
いいえはいNullと長さ0の文字列
はいいいえ--
はいはい長さ0の文字列

※「Null」は本当に何も値が無い状態を表し「長さ0の文字列とは「""」のことです。

※「空文字の許可」プロパティはテキスト型、メモ型、ハイパーリンク型だけに存在します。

では実際に試してみます。テキスト型のフィールドが1つあるテーブルを作成します。

値要求と空文字の許可

「値要求」プロパティはデフォルトで「いいえ」になっています。値を「はい」に変更します。また「空文字の許可」はデフォルトで「はい」になっていますので「いいえ」に変更します。

値要求と空文字の許可

それではデータシートビューに切り替えてみます。いったん値を入力して行を作成した後で、値を消して保存しようとしてみます。

値要求と空文字の許可

すると次のようなエラーメッセージが表示されます。

値要求と空文字の許可

このように必ず値を入力させたいフィールドに対して「値要求」プロパティと「空文字の許可」プロパティを組み合わせることで制限を行うことが可能です。

Access入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )