標題を設定する

通常はフィールド名に設定した文字列がそのままデータシートビューで表示した時の列の見出しとして表示されますが、フィールド名とは別に「標題」を設定することでデータシートビューの表示の際に見出しとして表示させることが可能です。ここでは Access における標題の設定方法について解説します。

(2022 年 06 月 12 日公開 / 2022 年 06 月 12 日更新)

標題を設定する

では実際に標題を設定してみます。テキスト型のフィールドが1つあるテーブルを作成します。

標題の設定

データシートビューに切り替えます。

標題の設定

特に設定しなければフィールド名がそのままデータシートビューで表示した時の列の見出しとして表示されます。

それでは再度デザインビューに戻り、「標題」プロパティに「電話番号」と入力してみます。

標題の設定

再度データシートビューに切り替えます。

標題の設定

今度は列の見出しがフィールド名ではなく「標題」プロパティに設定した文字が表示されました。

このように「標題」プロパティを利用することで、テーブルのフィールド名には簡略化した名前を使っておき、実際にデータを表示する時にはより分かりやすい文字列で表示することが可能になります。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。