データベースファイルの作成

Access を利用するには最初にデータベースファイルを作成します。このファイルにはデータベースに登録されるデータやテーブルなどが含まれます。ここでは Access でデータベースファイルを作成する方法について解説します。

(2022 年 06 月 11 日公開 / 2022 年 06 月 11 日更新)

データベースファイルの作成

まずはAccessを起動してください。(※バージョンによって画面は多少異なります)。

データベースの作成

右上にいくつかメニューが表示されます。この中の「空のデータベース」をクリックして下さい。

データベースの作成

すると次のようにデータベースファイルの保存先を指定するダイアログが表示されます。

データベースの作成

Accessではまずデータベースを作成した時にデータベースの保存先とデーターベースファイル名を指定する必要があります。今回は「C:¥accesssample」ディレクトリ内に「sample.mdb」と言う名前でデータベースファイルを作成します。

見て頂くと分かる通りデータベースファイルの拡張子は「.mdb」となります。

保存したいディレクトリを表示してからデータベースファイル名を指定したら「作成」ボタンをクリックして下さい。

データベースの作成

新しいデータベースファイルが作成されてデータベースウィンドウが表示されています。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。