OfficePro

RGB関数

広告

RGB関数はセルの背景色やフォームにおけるコントロールの背景色など、色を指定する場合に利用される関数です。赤、緑、青の3つの要素に関して数値を指定することで色を作成します。

RGB(red, green, blue)
色の RGB 値を表す長整数型 (Long) の値を返します。

引数:
  red  RGB の R (赤) の割合を 0 ~ 255 の範囲の整数で指定します。
  green  RGB の G (緑) の割合を 0 ~ 255 の範囲の整数で指定します。
  blue  RGB の B (青) の割合を 0 ~ 255 の範囲の整数で指定します。

赤、緑、青にそれぞれ0から255までの値を指定することで最終的に1つの色を作成します。代表的な色を作成する場合の色の指定は次の通りです。

作成される色
000
00255
02550
シアン0255255
25500
マゼンタ2550255
黄色2552550
255255255

注意点としては、RGB値を指定しても利用される対象によってはカラーパレットの中で一番近い色に設定される場合があります。

サンプルプログラム

では実際に試してみます。

testFuncGraphicsRGB.bas

Sub RGB関数()
    Range("B2").Value = "Test"
    Range("B2").Interior.Color = RGB(255, 0, 0)
    Range("B2").Font.Color = RGB(255, 255, 255)
    Range("C2").Interior.Color = RGB(128, 64, 64)
End Sub

上記マクロを実行すると次のように表示されます。

RGB関数

( Written by Tatsuo Ikura )