ワークシートの名前を変更する

広告

ワークシートの名前は追加された順に「Sheet1」「Sheet2」のように自動的に設定されてますが、後から名前を変更することができます。ここではワークシートの名前を変更する方法を解説します。

Excel2016ではブックを新規に作成するとワークシートが1つ作成されますが、最初のワークシートの名前は自動的に「Sheet1」となります。

p8-1

ブックにワークシートを追加していくと、2番目のワークシートは「Sheet2」、3盤目のワークシートは「Sheet3」となります。

p8-2

このようにワークシートは追加されたときにデフォルトの名前が自動的に設定されますが、後からこの名前を変更することができます。ワークシートの名前を変更する場合は、対象のワークシートの見出しを右クリックして下さい。今回は例として「Sheet2」の名前を変更してみます。

p8-3

表示されたメニューの中から「名前の変更」メニューをクリックして下さい。

p8-4

ワークシートの名前が編集可能な状態になりました。

p8-5

新しいワークシートの名前を入力して[Enter]キーをクリックして下さい。名前の変更が完了します。

p8-6

p8-7

ワークシートに入力されているデータを表す名前をワークシートにつけておくと、シート見出しバーでワークシートを選択する場合などに便利です。

( Written by Tatsuo Ikura )