ワークシートの見出しの色を変更する

広告

ワークシートを選択するために使用される見出しタブの背景色を変更して見出しの区別がつきやすいように変更することができます。ここではワークシートの見出しの色を変更する手順について解説します。

1.見出しの色を変更する
2.ワークシートの見出しを右クリックして色を変更する

ブックに複数のワークシートが含まれている場合、シート見出しバーにはワークシート毎に見出しが表示されています。

p6-1

選択されているワークシートの背景が白でそれ以外のワークシートは色が設定されていません(使用されているテーマによっては異なるかもしれません)。では見出しの色を変更する手順について確認していきます。

色を変更したいワークシートを選択して下さい。

p6-2

画面上部の「ホーム」タブをクリックして下さい。

p6-3

「セル」グループの中の「書式」をクリックして下さい。表示されたメニューの中から「シート見出しの色」メニューをクリックして下さい。色を選択するためのメニューが表示されます。

p6-4

「テーマの色」というのは現在使用しているテーマで用意されている色で、この中から色を選んだ場合はテーマを変更すると色も合わせて変更される可能性があります。「標準の色」はテーマに関係ありませんので、この中から色を選んだ場合はどのテーマを選んでも変わりません。設定したい色をクリックして下さい。

p6-5

また「その他の色」をクリックするとより細かい色を選択することができるウィンドウが表示されます。

p6-6

今回は「赤色」をクリックしました。

p6-7

選択されていたワークシートの見出しの色が赤色に変更されました(下記の2つの画像は上が選択されている時の見出しの色、下が選択されていない時の見出しの色です)。

p6-8

p6-9

例えば商品毎にワークシートが分かれていて、商品を表す色が決められている場合などは見出しに色を設定することでワークシートが何に関するデータが含まれているのかを視覚的に判断しやすくなるケースもあるかと思います。

p6-10

ワークシートの見出しから見出しの色を変更することもできます。色を変更したいワークシートで右クリックして下さい。

p6-11

表示されたメニューの中から「シート見出しの色」メニューをクリックして下さい。色を選択するためのメニューが表示されます。この中から設定したい色をクリックすれば見出しの色が変更されます。

p6-12

なおシートの色を初期の状態に戻すには「色なし」をクリックして下さい。

( Written by Tatsuo Ikura )