通貨記号を表示する

広告

セルに含まれる数値が金額を表す場合に通貨記号を付けて表示する方法について解説します。

1.通貨記号をセル毎の数値の直前に表示
2.通貨記号をセルの左端に揃えて表示

通貨記号を付与して表示する方法として書式の種類に「通貨」を使用する方法と「会計」を使用する方法があります。まずは「通貨」を使用する方法を見ていきます。書式を設定したいセルを選択して下さい。今回はセル[C3]からセル[C5]までを選択しました。

p1-1

「ホーム」タブをクリックして下さい。

p1-2

「数値」グループの中にある次の個所をクリックして下さい。

p1-3

「セルの書式設定」ダイアログが表示されました。「表示形式」タブが表示されていると思いますが、別のタブが表示されていた場合は「表示形式」タブをクリックして下さい。

p1-4

「分類」のブロックで「通貨」をクリックして下さい。

p1-5

表示する通貨記号を選択します。「記号」ドロップダウンメニューをクリックして下さい。

p1-6

通貨記号の一覧が表示されます。今回は「\」を付けたいので表示された一覧の中から「\」をクリックします。(初期値として「\」が選択されていると思います)。

p1-7

今回は変更しませんが必要に応じて「小数点以下の桁数」と「負の数の表示形式」について変更して下さい。設定が終わりましたら「OK」をクリックして下さい。

p1-8

選択していたセルに含まれる数値に通貨記号が付与されて表示されました。なお「通貨」を設定した場合は3桁毎の区切り表示も自動的に設定されます。

p1-9

書式として「通貨」を使用した場合、通貨記号はそれぞれのセルに入力されている数値の先頭に付けられます。その為、通貨記号が実際に表示される位置はセルに入力されている値によってバラバラとなります。Excelでは「通貨」の他に「会計」という書式が用意されており、「会計」を使うとセルの左端に通貨記号を表示することができます(空白が1文字分入ります)。

書式を設定したいセルを選択して下さい。今回はセル[D3]からセル[D5]までを選択しました。

p1-10

先ほど「通貨」の書式を設定したのと同じ手順で「セルの書式設定」ダイアログが表示して下さい。(詳しくは「通貨記号をセル毎の数値の直前に表示」を参照して下さい)。

p1-11

「分類」のブロックで「会計」をクリックして下さい。

p1-12

表示する通貨記号を選択します。「記号」ドロップダウンメニューをクリックして下さい。

p1-13

通貨記号の一覧が表示されます。今回は「\」を付けたいので表示された一覧の中から「\」をクリックします。(初期値として「\」が選択されていると思います)。

p1-14

今回は変更しませんが必要に応じて「小数点以下の桁数」について変更して下さい。設定が終わりましたら「OK」をクリックして下さい。

p1-15

選択していたセルの先頭に通貨記号が付与されて表示されました。結果として同じ列のセルの場合は通貨記号が同じ位置に表示されます。なお「会計」を設定した場合は3桁毎の区切り表示も自動的に設定され、セルの最初と最後にスペースが追加されます。

p1-16

「通貨」を使用する場合も「会計」を使用する場合も「ユーザー定義」を合わせて利用することでより細かい書式が設定できます。

( Written by Tatsuo Ikura )