ブックに読み取りパスワードと書き込みパスワードを設定する

広告

Excelのブックに対して読み取りパスワードと書き込みパスワードを設定する方法について解説します。読み取りパスワードが設定されているとブックを開くときにパスワードが必要となります。書き込みパスワードが設定されていると読み取り専用でブックを開くことは誰でもできますが、上書き保存が可能な状態でブックを開くにはパスワードが必要となります。

1.読み取りパスワードと書き込みパスワードの設定
2.読み取りパスワードが設定された時の動作
3.書き込みパスワードが設定された時の動作
4.両方のパスワードを同時に設定した場合の動作
5.パスワードを解除する

まずは読み取りパスワードと書き込みパスワードを設定する方法について解説します。どちらか一方だけ設定することもできますし、両方設定することもできます。設定する場所が同じですのでまとめて解説します。

パスワードはブックの保存を行う時に合わせて行います。「ファイル」タブをクリックして下さい。

p2-1

次のような画面が表示されます。

p2-2

左側に表示されているメニューの中から「名前を付けて保存」をクリックして下さい。

p2-3

ブックの保存先とファイル名を指定するために「参照」をクリックして下さい。

p2-4

ブックの保存場所と保存するファイル名を指定して下さい。その後で「保存」をクリックすればブックの保存が完了しますが、パスワードの設定を行う場合には「OK」の前に「ツール」をクリックして下さい。

p2-5

表示されたメニューの中から「全般オプション」をクリックして下さい。

p2-6

「全般オプション」に関するウィンドウが表示されます。この中で「読み取りパスワード」と「書き込みパスワード」をそれぞれ設定できます。

p2-7

パスワードはどちらかだけを設定することもできますし、両方設定することもできます。今回は例として「読み取りパスワード」だけを設定してみます。設定が終わりましたら「OK」をクリックして下さい。

p2-8

確認のためもう一度先ほど入力したパスワードと同じパスワードを入力して下さい。入力が終わりましたら「OK」をクリックして下さい。

p2-9

ブックの保存のためのファイルダイアログの画面に戻りますので「保存」をクリックしてブックを保存して下さい。

p2-10

今回はブックに対して読み取りパスワードを設定してファイルを保存しました。次回からこのファイルを開く時にはパスワードが必要となります。

読み取りパスワードが設定されたブックをExcelから開いてみます。(ブックを開く方法については「ブックを開く/ブックを閉じる」を参照して下さい)。開くブックの選択画面で読み取りパスワードが設定されたブックを選択して「開く」をクリックします。

p2-11

パスワードの入力画面が表示されます。読み取りパスワードに指定したパスワードを入力して「OK」をクリックして下さい。

p2-12

ブックを開くことができました。

p2-13

パスワードの入力を間違えると次のようなエラーメッセージが表示されブックを開くことができません。

p2-14

書き込みパスワードが設定されたブックをExcelから開いてみます。開くブックの選択画面で書き込みパスワードが設定されたブックを選択して「開く」をクリックします。

p2-15

パスワードの入力画面が表示されます。書き込みパスワードが設定されているブックについては(1)ブックを上書き可能な状態で開く(2)読み取り専用で開く、の2つの選択肢があります。

p2-16

ブックを上書き可能な状態で開くには、書き込みパスワードに指定したパスワードを入力して「OK」をクリックして下さい。

p2-17

ブックを開くことができました。この場合は通常のブックを開いた場合と同じようにブックに対して内容を変更した場合は上書き保存することができます。

p2-18

-- --

ブックを開くときに読み取り専用でブックを開くこともできます。この場合はパスワードを知っている必要はありません。「読み取り専用」をクリックして下さい。

p2-19

読み取り専用でブックを開くことができました。

p2-20

読み取り専用で開いた場合はタイトルバーに「読み取り専用」と表示されます。

p2-21

読み取り専用で開いている状態でブックを上書き保存しようとすると次のようにエラーメッセージが表示され上書き保存することはできません。

p2-22

ただし上書き保存はできませが、別のファイルとして名前を付けて保存することはできます。「OK」ボタンをクリックすると自動的に名前を付けて保存するための画面に移動します。

p2-23

なおパスワードの入力の時にパスワードを間違えると次のようなエラーメッセージが表示され再度パスワードの入力画面に戻ります。

p2-24

パスワードを設定する場合、読み取りパスワードと書き込みパスワードのどちらかだけではなく両方設定することもできます。それぞれのパスワードは同じでも異なっていても構いません。

p2-25

両方のパスワードが設定されたブックをExcelから開こうとすると、ます最初に読み取りパスワードの入力が求められます。ここでパスワード入力に失敗すればブックを開くことは失敗となります。

p2-26

読み取りパスワードの入力が成功すると次に書き込みパスワードの入力が求められます。パスワードを入力して書き込み可能な状態でブックを開くことも、読み取り専用でブックを開くこともできます。

p2-27

このように両方のパスワードが設定されている場合にはまず最初に読み取りパスワードの入力があり、次に書き込みパスワードの入力となります。

ブックに設定した読み取りパスワードまたは書き込みパスワードを解除するには設定したパスワードを入力してブックを開いて下さい。(ブックを開けないとパスワードを解除することはできません。読み取り専用でブックを開いても解除できません)。

p2-28

パスワードを設定した時と同じ手順で名前を付けて保存の画面を表示し、「全般オプション」に関するウィンドウを表示して下さい。(詳しい手順はこのページの上の方に記述されている「読み取りパスワードと書き込みパスワードの設定」を参照して下さい))。

p2-29

パスワードの設定画面が表示されます。

p2-30

パスワードの入力欄を空にして下さい。その後で「OK」をクリックして下さい。

p2-31

「名前を付けて保存」の画面に戻りますので、元のファイルに上書き保存して下さい。

p2-32

パスワードの解除が完了しました。次回からはパスワードの確認無しでブックを開くことができます。

( Written by Tatsuo Ikura )