ショートカットキーでグラフを作成する

広告

Excelではグラフを作成するためのショートカットキーが用意されており、元データの選択をした後ショートカットキーを使ってすぐにグラフを作成することができます。ショットカットキーで作成する時は標準グラフに設定されているグラフの種類を使ってグラフが作成されます。ここではショートカットキーを使ったグラフの作成と、標準グラフの設定方法について解説します。

1.ショートカットキーを使ったグラフの作成
2.標準グラフにグラフの種類を設定する

グラフを作成するショートカットキーは[F11]キーです。実際に試してみます。グラフを作成したいデータを選択して下さい。

p9-1

[F11]キーをクリックして下さい。グラフシートが作成されてグラフが表示されました。

p9-2

ショートカットキーでの作成なのでグラフの種類の選択などはもちろんありませんし、グラフシートでの作成なのでオブジェクトとして利用したい場合はワークシートへの移動が必要となってしまいますが、手早く作成したい場合などは便利な機能です。

ショートカットキーで作成されるグラフの種類は標準グラフに設定されているグラフの種類です。デフォルトでは「集合縦棒」グラフが標準グラフに設定されています。標準グラフを他のグラフに設定しておくことでショットカットキーで作成されるグラフの種類を変更することができます。

標準グラフを変更するにはグラフツールの中にある「デザイン」タブをクリックして下さい。

p9-3

「種類」グループの中にある「グラフの種類の変更」ボタンをクリックして下さい。

p9-4

「グラフの種類の変更」ウィンドウが表示されます。

p9-5

現在標準グラフに設定されているのは「集合縦棒」グラフです。集合縦棒グラフを表すアイコン上で右クリックすると次のように緑のチェックマークが表示されます。これが現在標準グラフに設定されている印です。

p9-6

それでは標準グラフに設定したいグラフを選択して下さい。今回は「マーカー付き折れ線」を選択してみます。

p9-7

グラフを表すアイコン上で右クリックし、表示された「標準グラフに設定」をクリックして下さい。

p9-8

これで「マーカー付き折れ線」グラフが標準グラフに設定されました。(このウィンドウは「キャンセル」して閉じて下さい)。

p9-9

-- --

それではグラフを作成したいデータを選択して[F11]キーをクリックして下さい。

p9-10

グラフシートが作成されてグラフが表示されました。今回は標準グラフを変更していたので「マーカー付き折れ線」グラフが自動的に作成されました。

p9-11

よく利用するグラフの種類を標準グラフに設定しておくと便利です。

( Written by Tatsuo Ikura )