グラフを作成する

広告

Excelでグラフを作成する場合の基本的な手順について確認します。またグラフ作成後に表示されるグラフツールについて簡単に解説します。

1.グラフ作成の基本手順
2.グラフツールの表示

実際にグラフを作成してみて、どのようにグラフを作成していくのかを確認してみます。次のようなデータが含まれるワークシートで、この中の一部のデータを元にグラフを作成してみます。

p1-1

最初の手順はグラフの元になるデータを選択することです。グラフを作成する対象のセルを選択して下さい。今回はセル[B2]からセル[F5]までの範囲を選択しました。

p1-2

次に「挿入」タブをクリックして下さい。

p1-3

グラフ作成に使用する「グラフ」グループが表示されます。次の手順は「グラフ」グループの中で作成するグラフの種類を選択します。(グラフの種類の選択する方法について詳しくは「グラフの種類の選択方法」を参照して下さい)。

p1-4

今回は「おすすめグラフ」を使ってみます。「おすすめグラフ」ボタンをクリックして下さい

p1-5

「グラフの挿入」ウィンドウが表示されました。グラフの種類をここでは選択できるのですが、今回はこのまま「OK」ボタンをクリックして下さい。

p1-6

グラフが作成されて現在表示していたワークシートの中に表示されました。

p1-7

ここまでがExcelでグラフを作成するまでの基本点な手順となります。グラフの元になるデータが含まれるセルを選択し、グラフの種類を選択すれば自動的にグラフが作成されてワークシートの中に追加されます。グラフのタイトルやスタイルなどの変更は、グラフをいったん作成した後で行うことになります。

グラフの作成直後や作成したグラフを選択した場合、グラフツールが表示されます。グラフツールには「デザイン」タブと「書式」タブが含まれます。

p1-8

「デザイン」タブや「書式」タブではグラフのレイアウトやスタイルに関する設定を行うことができます。

p1-9

詳しい使い方はそれぞれ該当のページにて解説します。

( Written by Tatsuo Ikura )