特定の凡例項目を削除する

広告

凡例を表示するとデータ系列の数だけ凡例項目が表示されますが、データ系列はそのまま残した上で凡例の中の凡例項目だけを削除することができます。ここでは凡例項目の削除方法、および削除した凡例項目を再び表示する方法について解説します。

1.凡例項目を削除する
2.削除した凡例項目を再び表示する

特定の凡例項目を削除するには凡例のいずれかの場所をクリックして下さい。

p8-1

削除したい凡例項目をさらにクリックして下さい。次のように凡例項目が選択された状態になります。

p8-2

同じ凡例項目を今度は右クリックして下さい。メニューが表示されますのでその中から「削除」メニューをクリックして下さい。

p8-3

凡例項目が削除されました。削除されたのは凡例に表示されていた凡例項目だけで、グラフ上や元データなどには影響はありません。

p8-4

削除した凡例項目を再び凡例に表示させるには凡例全体を一度非表示にしてから改めて表示させる必要があります。グラフをクリックするとグラフの右上に表示される「グラフ要素」ボタンをクリックして下さい。

p8-5

「凡例」のチェックをクリックしてチェックを外して下さい。

p8-6

凡例が非表示になりました。

p8-7

あらためてグラフ右上の「グラフ要素」ボタンをクリックし、「凡例」のチェックをクリックしてチェックを付けて下さい。

p8-8

凡例が再び表示され、削除されていた凡例項目も表示されました。

p8-9

凡例を一度非表示にすると凡例に設定していた書式などもすべてリセットされますのでご注意下さい。

( Written by Tatsuo Ikura )