凡例の位置とサイズを変更する

広告

凡例が表示される位置やサイズを変更する方法について解説します。

1.凡例の表示位置を指定する
2.マウスで凡例を移動する
3.凡例のサイズを変更する

凡例の表示する位置としてグラフに対して「右」「上」「左」「下」から選択することができます。設定するにはグラフをクリックしてからグラフ右上の「グラフ要素」を表すアイコンをクリックして下さい。

p2-1

表示された項目の中から「凡例」にマウスを合わせると矢印のアイコンが表示されますのでクリックして下さい。

p2-2

凡例の表示位置を選択することができます。今回は「上」をクリックしました。

p2-3

凡例がグラフの上に表示されました。

p2-4

このように凡例の表示位置をグラフに対して「右」「上」「左」「下」から選択することができます。

凡例を直接マウスを使って任意の位置へ移動させることができます。実際にやってみます。凡例をクリックして下さい。

p2-5

凡例をドラッグして任意の位置まで持っていって下さい。

p2-6

凡例を任意の位置まで移動させることができました。

p2-7

凡例の位置としてグラフに対して上下左右の位置を指定するだけではなく、グラフの他の要素との兼ね合いで少し移動させたい場合などにはマウスで移動させてみて下さい。

続いて凡例のサイズを変更する方法です。凡例をクリックして下さい。

p2-8

凡例の周辺8か所にある○にマウスを合わせるとマウスのポインターが矢印になります。

p2-9

そのまま変更したいサイズまでドラッグして下さい。

p2-10

凡例のサイズが変更されました。

p2-11

凡例のサイズを大きくしたとしても、凡例の各項目が今まで以上に間隔を開けて表示されるだけで、凡例項目のフォントが大きくなって文字が大きくなるようなことはありません。サイズを変更したことによって凡例項目が横一列に並べて表示できなくなった場合などは次のように複数行に分かれて表示されます。

p2-12

-- --

凡例の表示される位置とサイズを変更する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )