グラフフィルターを使って表示するデータを選択する

広告

グラフフィルターを使えば元データの選択をやり直すことなくグラフに表示するデータを選択することができます。ここではグラフフィルターを使って表示するデータを選択する方法について解説します。

次のグラフを例に実際に試してみます。

p5-1

グラフをクリックして下さい。グラフの右側にグラフフィルターを設定するためのアイコンが表示されますのでクリックして下さい。

p5-2

データ系列の値と項目の値それぞれについて表示するかどうかを設定する画面が表示されます。チェックが付いていればグラフに表示されます。

p5-3

では例としてデータ系列の「家具」と「家電」のチェックを外してみます。編集が終わりましたら画面下部の「適用」をクリックして下さい。

p5-4

グラフから「家具」と「家電」に関するデータが表示されなくなりました。

p5-5

グラフ上は「家具」と「家電」の行のデータは表示されていませんが、元データとしては選択されたままです。このようにグラフフィルターを使えば元データを修正することなく簡単にグラフに表示されるデータを選択できます。

-- --

表示しなくなったデータを再び表示させるには、先ほどと同じようにグラフフィルターを表示し今度はチェックを入れて下さい。

p5-6

グラフに「家具」と「家電」に関するデータが再び表示されました。

p5-7

-- --

今度は項目で試してみます。「2月」「4月」「6月」のチェックを外して「適用」をクリックしました。

p5-8

グラフから「2月」「4月」「6月」に関するデータが表示されなくなりました。

p5-9

このようにグラフフィルターを使うことで元データを改めて選択しなおすこともなくグラフに表示されるデータを調整することができます。

( Written by Tatsuo Ikura )