グラフのデータ系列と項目を入れ替える

広告

グラフを作成する時、元データの行か列のどちらかが「データ系列」となりそうでない方は「項目」となります。数が多いほうが自動的に「項目」に設定されるようになっていますが、自動的に決まったデータ系列と項目を入れ替えることができます。ここではグラフのデータ系列と項目を入れ替える手順について解説します。(データ系列と項目に関しては「データ系列と項目の違い」を参照されて下さい)。

1.行と列のどちらがデータ系列になってどちらが項目となるのか
2.データ系列と項目を入れ替える

棒グラフや折れ線グラフのようなグラフでは、元データを選択した時に行と列で数が多い方が項目に設定されます。例えば次のように2行4列のデータを元データとしてグラフを作成してみます。

p2-1

列の方が数が多いので「項目」は列が設定されたグラフが作成されます。

p2-2

今度は4行2列のデータを元データをとしてグラフを作成してみます。

p2-3

行の方が数が多いので「項目」は行が設定されたグラフが作成されます。

p2-4

このように元データの行と列のデータの数によってグラフのデータ系列と項目がどちらになるのかは自動的に決まります。ただ場合によっては数が少なくても項目に設定したい場合もあります。この後ではグラフを作成後にデータ系列を項目を入れ替える方法について解説します。

では次のようなグラフを例にデータ系列と項目を入れ替える方法について実際に試してみます。現在は行の項目名が「項目」に設定されています。

p2-5

グラフをクリックして選択してから、グラフツールの中にある「デザイン」タブをクリックして下さい。

p2-6

「データ」グループの中にある「行/列の切り替え」ボタンをクリックして下さい。

p2-7

「データ系列」と「項目」に設定された「行」と「列」が入れ替わり、列の項目名が横軸に設定されました。

p2-8

このようにグラフを作成した後であれば、グラフのデータ系列と項目を入れ替えることができます。

( Written by Tatsuo Ikura )