グラフのデータ範囲を変更する

広告

作成したグラフのデータ範囲を変更し、データを追加したりあらためて範囲を選択しなおしたりする方法について解説します。

1.連続するデータを追加する
2.離れたデータを追加する
3.グラフの元データ範囲を改めて選択する

最初にセル[B2]からセル[F5]までのセルを元にグラフを作成しました。

p1-1

ではデータを追加してみます。グラフを一度クリックして下さい。グラフの元データの部分が色がついて協調表示されます。

p1-2

元データの隅のところにマウスを合わせて下さい(今回は右下隅に合わせました)。マウスのポインターが矢印の形に変わります。

p1-3

ドラッグすることでグラフの元になるデータの範囲を広げたり縮めたりすることができます。今回は右の方へドラッグし、元データの範囲をセル[B2]からセル[H5]まで広げました。元データの範囲を変更すると自動的にグラフにも反映されます。

p1-4

元の状態に戻してから今度は下へドラッグし、元データの範囲をセル[B2]からセル[F7]まで広げました。自動的にグラフにも反映されます。

p1-5

このように元データと連続する場所にあるセルを追加する場合は、ドラッグしてセルの範囲を直接広げるだけでデータを追加(削除も同じようにできます)することができます。

元データと離れた位置にあるセルに含まれるデータをグラフに追加する場合は先ほどの手順は使えません。グラフを一度クリックしてから「グラフツール」の中にある「デザイン」タブをクリックして下さい。

p1-6

「データ」グループの中にある「データの選択」ボタンをクリックして下さい。

p1-7

「データソースの選択」ウィンドウが表示されます。

p1-8

「グラフデータの範囲」にデータの元になるセルの範囲が表示されています。離れた場所にあるセルをグラフのデータとして追加する場合は、このウィンドウが表示されていう状態で[Ctrl]キーを押しながら追加するセルの範囲を選択して下さい。セル[B7]からセル[F7]までを選択しました。

p1-9

「データソースの選択」ウィンドウの「グラフデータの範囲」の値を見ると先ほど追加で選択した範囲がカンマ(,)の後に追加されていることが確認できます。

p1-10

追加が終わりましたら「OK」をクリックして下さい。

p1-11

追加したセルのデータがグラフに反映されました。

p1-12

データを追加するのではなく元データを改めて選択する場合も同じ手順で行うことができます。グラフをクリックして選択してから「グラフツール」の中にある「デザイン」タブをクリックして下さい。そして「データ」グループの中にある「データの選択」ボタンをクリックして下さい。

p1-13

「データソースの選択」ウィンドウが表示されます。

p1-14

このウィンドウが表示されている状態で新しい元データの範囲を選択して下さい。セル[B2]からセル[G6]までを選択しました。

p1-15

選択がが終わりましたら「OK」をクリックして下さい。

p1-16

新しく指定した範囲のセルのデータがグラフに反映されました。

p1-17

-- --

作成したグラフのデータ範囲を追加したり新しく選択しなおしたりする方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )