データテーブルの罫線の表示方法を設定する

広告

データテーブルを表示するとグラフの下に表形式で表示されますが、表の罫線の表示方法について細かく設定することができます。ここではデータテーブルの罫線の表示の仕方について解説します。

データテーブルを表示するとデフォルトでは次のように表示されます。

p7-1

データテーブルでは「横」「縦」「外枠」についてそれぞれ表示するかどうか設定することができます。設定を行うにはグラフをクリックして下さい。

p7-2

グラフの右上に表示されている「グラフ要素」を表すアイコンをクリックして下さい。

p7-3

データテーブルにマウスを合わせると表示される矢印をクリックして下さい。

p7-4

サブメニューが表示されますので「その他のオプション」をクリックして下さい。

p7-5

画面右側に「データテーブルの書式設定」を行うエリアが表示されます。

p7-6

いくつか設定画面がありますので「データテーブルのオプション」の画面になっていることを確認して下さい。

p7-7

罫線の表示の仕方に関する設定を行います。「横」「縦」「外枠」についてそれぞれ表示する場合はチェックを入れて下さい。現在はすべてにチェックが入っています。

p7-8

例として「横」のチェックだけを外してみます。

p7-9

次に「縦」のチェックだけを外してみます。

p7-10

最後に「横」と「縦」のチェックを外して外枠だけの表示にしてみます。

p7-11

このようにデータテーブルの罫線に関して「横」「縦」「外枠」のそれぞれについて表示するかどうかを設定することができます。

( Written by Tatsuo Ikura )