データラベルに表示する項目を選択する

広告

データラベルを表示するとデータの値が表示されますがデータ系列の名前や項目の名前などを組み合わせて表示することもできます。ここではデータラベルに表示される項目を選択する方法について解説します。

1.データラベルに表示する項目を選択する
2.別のセルに入力された値をラベルに表示する
3.データラベルにフィールドを挿入する

データラベルに表示する内容の設定はデータ系列単位または特定のデータ要素に対して行えます。今回はデータ系列をまとめて変更してみます。変更したいデータ系列のいずれかのデータラベルをクリックして下さい。

p4-1

グラフの右上に表示されている「グラフ要素」を表すアイコンをクリックして下さい。グラフにどの要素を表示するかどうかの設定を行う画面が表示されます。「データラベル」にマウスを合わせると矢印が表示されますのでクリックして下さい。

p4-2

サブメニューがいくつか表示されますので「その他のオプション」をクリックして下さい。

p4-3

画面右側に「データラベルの書式設定」を行うエリアが表示されます。

p4-4

いくつか設定項目があるのですが「ラベルオプション」の画面を表示して下さい。

p4-5

「ラベルの内容」のブロックでデータラベルに表示する項目を選択できます。現在は「値」と「引き出し線を表示する」にチェックが入っています。

p4-6

データ系列の名前を表示する場合は「系列名」、項目の値を表示する場合は「分類名」にチェックをして下さい。今回は「値」などのチェックはそのままに「系列名」と「分類名」にもチェックをしてみます。

p4-7

データラベルに「系列名」「分類名」「値」の3つの項目が表示されました。

p4-8

-- --

複数の項目を表示する場合、デフォルトではカンマ(,)で区切られて表示されますが、「ラベルオプション」の画面で区切り文字をカンマ(,)、セミコロン(;)、ピリオド(.)、改行、スペースから選択することができます。

p4-9

例として「改行」に変更してみました。データラベルに表示される複数の項目毎に改行されて表示されました。

p4-10

データラベルには任意のセルに入力されている値を表示することもできます。例えば次のようなデータを別途用意し、グラフに追加で表示させてみます。

p4-11

「家具」のデータ系列に表示されているデータラベルの書式設定を行います。

p4-12

データラベルに表示する項目として「セルの値」にチェックをして下さい。

p4-13

データラベルに表示するセルを指定するための「データラベルの範囲」ウィンドウが表示されます。

p4-14

ラベルに表示したいセルの範囲をExcelの画面上で選択して下さい。選択したセルの範囲が自動的にウィンドウのテキストボックスの中に表示されます。選択が終わりましたら「OK」をクリックして下さい。

p4-15

セルに入力された値がデータラベルに追加で表示されました。

p4-16

データ系列の中の特定のデータ要素だけにセルの値を追加する場合は設定方法が少し異なります。まず設定したいデータ要素が含まれるデータ系列のいずれかのデータラベルをクリックして下さい。

p4-17

設定したいデータ要素のデータラベルをもう一度クリックして下さい。

p4-18

データラベルの上で右クリックして表示されたメニューの中から「データラベルフィールドの挿入」をクリックして下さい。

p4-19

挿入する項目を選択します。「値」「系列」「項目」「セルの選択」の中から「セルの選択」をクリックして下さい。

p4-20

データラベルに表示するセルを指定するための「データラベル参照」ウィンドウが表示されます。

p4-21

ラベルに表示したいセルをExcelの画面上で選択して下さい。選択したセルが自動的にウィンドウのテキストボックスの中に表示されます。選択が終わりましたら「OK」をクリックして下さい。

p4-22

セルに入力された値がデータラベルに追加で表示されました。

p4-23

データラベルにフィールドを挿入した場合、区切り文字は使われずに元の値に続けて表示されます。必要であれば「データラベルの値を直接編集する」などを参考に見やすいように編集して下さい。

( Written by Tatsuo Ikura )