データラベルを吹き出しを使って表示する

広告

データラベルを表示する時に吹き出しを使って表示することができます。吹き出しはいくつか用意されている種類の中から選ぶことができあmす。ここではデータラベルを吹き出しを使って表示する方法を解説します。

1.吹き出しを表示する
2.吹き出しの図形を変更する
3.吹き出しの位置を設定する

吹き出しを使って表示するかどうかはグラフ全体にもできますし特定のデータ系列に対してだけ設定することもできます。まずはグラフ全体に設定する方法を試してみます。グラフをクリックして選択して下さい。

p3-1

グラフの右上に表示されている「グラフ要素」を表すアイコンをクリックして下さい。

p3-2

グラフにどの要素を表示するかどうかの設定を行う画面が表示されます。「データラベル」にマウスを合わせると矢印が表示されますのでクリックして下さい。

p3-3

サブメニューがいくつか表示されますので「データの吹き出し」をクリックして下さい。

p3-4

データラベルが吹き出しを使って表示されました。

p3-5

-- --

特定のデータ系列だけに吹き出しを使ってデータラベルを表示するには、変更したいデータ系列をクリックして下さい。

p3-6

後の手順はグラフ全体に対して行った手順と同じです。

p3-7

特定のデータ系列だけ吹き出しを使ってデータラベルを表示しました。

p3-8

吹き出しで使用される図形はいくつかある中から選択することができます。吹き出しの図形の変更はデータ系列単位または特定のデータ要素に対して行えます。今回はデータ系列をまとめて変更してみます。変更したいデータ系列のいずれかのデータラベルをクリックして下さい。

p3-9

データラベルの上で右クリックするとメニューが表示されます。「データラベル図形の変更」メニューにマウスを合わせて下さい。吹き出しの図形を選択する画面が表示されます。

p3-10

使用したい図形をクリックして下さい。

p3-11

指定したデータ系列に表示されたデータラベルの吹き出しの図形が変更されました。

p3-12

吹き出しはデータラベルを表示する時の装飾ですので吹き出しを使っていない場合のデータラベルと同じように位置を設定することができます。(データラベルの位置の設定方法については「データラベルの位置と引き出し線の書式を設定する」を参照して下さい)。

例えばデータラベルの位置を「中央揃え」にしてみます。

p3-13

データラベルが中央揃えの位置に表示されました。

p3-14

マウスでドラッグすることで任意の位置へ移動することもできます。移動した位置に応じて図形が自動的に調整されます。

p3-15

なお吹き出しを使ってデータラベルを表示する場合は、引き出し線は自動的に非表示に設定されます(後から引き出し線も併せて表示するように設定することもできます)。

( Written by Tatsuo Ikura )