officeproロゴ

日付から曜日を取得する(WEEKDAY)

広告

日付に対応した曜日を取得します。WEEKDAY関数を使います。

=WEEKDAY(対象のシリアル値, 種類)

日付を表すシリアル値を入力するか、日付型の値が入力されているセルを指定します。

結果として取得できる値は1(日曜日)~7(土曜日)の間の数値となります。これはただし2番目の「種類」引数に「1」を設定した場合です。

「種類」引数に「2」を設定すると1(月曜日)~7(日曜日)に変更可能です。また「種類」引数に「3」を設定すると0(月曜日)~6(日曜日)にすることも可能です。

では実際に試して見ます。

1.元となるExcelを用意しセルを選択する

下記のようなExcelシートを用意します。

WEEKDAY関数のテスト

上記は年、月、日を入力すると、それらの値から日付型の値を取得しています(DATE関数を使っています)。その取得した日付から曜日を求めてみます。

2.結果を表示するセルを選択

取得した値を表示したいセルを選択します。

WEEKDAY関数のテスト

求めた曜日を表す数値を表示するセルは「C7」とします。

3.関数の設定

挿入する関数を選択します。メニューの「挿入」から「関数」を選択します。

WEEKDAY関数のテスト

「関数の検索」で「weekday」を入力し、「関数名」で「WEEKDAY」が選択されていることを確認してから「OK」ボタンをクリックします。

WEEKDAY関数のテスト

「シリアル値」の箇所には曜日を取得したいシリアル値を入力するかシリアル値が格納されたセルを指定します。今回の場合は「C6」となります。

WEEKDAY関数のテスト

「種類」の箇所には曜日と数値の組み合わせパターンを指定します。なんらかの理由がなければ「1」を指定しておきましょう。

WEEKDAY関数のテスト

最後に「OKボタンをクリックして下さい。

4.結果の表示

下記のように対象のセルに含まれる日付から曜日を表す数値が取得できます。

WEEKDAY関数のテスト

直接セルに対して「=WEEKDAY(C6,1)」と入力しても同じ結果となります。

数値のままだと分かりにくいので表示形式を変更します。「書式」メニューの「セル」をクリックして下さい。

WEEKDAY関数のテスト

「表示形式」タブを選択します。曜日の分類はありませんので分類で「ユーザー定義」を選択し、「種類」に「aaaa」と入力して下さい。これで対応する数値の値から日曜日~土曜日に変換してくれます。

WEEKDAY関数のテスト

曜日の書式として利用できるものには以下のようなものがあります。

種類実際の表示形式
aaaa日曜日~土曜日
aaa日~土
ddddSunday~Saturday
dddSun~Sat

なお、これらの書式を使う場合には日曜日=1、土曜日=7の対応になっていなければなりません。その為、WEEKDAY関数の種類には「1」を指定しておくと便利です。

書式の設定を行うと、最終的に次のように表示されます。

WEEKDAY関数のテスト

( Written by Tatsuo Ikura+ )